ヴォルゴグラード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヴォルゴグラード
Волгоград
Volgograd
上からヴォルガ川にかかるヴォルゴグラード(ヴォルゴグラードスキー)橋、中左ヴォルゴグラード・メトロトラム(英語版)のコムソモリスカヤ駅、中央ヴォルゴグラード駅(英語版)、中右ヴォルガ川中央築堤広場に立つプロピュライア、下、ママエフの丘に立つ母なる祖国像から見る市街
上からヴォルガ川にかかるヴォルゴグラード(ヴォルゴグラードスキー)橋、中左ヴォルゴグラード・メトロトラム英語版のコムソモリスカヤ駅、中央ヴォルゴグラード駅英語版、中右ヴォルガ川中央築堤広場に立つプロピュライア、下、ママエフの丘に立つ母なる祖国像から見る市街
ヴォルゴグラードの市旗 ヴォルゴグラードの市章
市旗 市章
位置
ロシア連邦内のヴォルゴグラード州の位置の位置図
ロシア連邦内のヴォルゴグラード州の位置
座標 : 北緯48度42分0秒 東経44度31分0秒 / 北緯48.70000度 東経44.51667度 / 48.70000; 44.51667
歴史
建設 1589年
旧名 スターリングラード
行政
ロシアの旗 ロシア
 連邦管区 南部連邦管区
 行政区画 ヴォルゴグラード州の旗 ヴォルゴグラード州
 市 ヴォルゴグラード
市長 ロマン・グレベンニコフ
ロシア連邦共産党
地理
面積  
  市域 565 km2
標高 80 m
人口
人口 (2007年現在)
  市域 1,018,700人
その他
等時帯 モスクワ時間 (UTC+4)
郵便番号 400000 – 400138
市外局番 +7 8442
ナンバープレート 34
公式ウェブサイト : http://www.volgadmin.ru/

ヴォルゴグラードロシア語: Волгоград, Volgograd)は、ロシア連邦ヴォルガ川西岸に南北80kmにわたって広がる都市。ヴォルゴグラード州の州都。人口は101万人。

1925年まではツァリーツィンЦарицын, Tsaritsyn)、1925年から1961年まではスターリングラードСталинград, Stalingrad)と呼ばれていた。現在は年に数日のみ市名がスターリングラードとなる(後述)。

歴史[編集]

ハザール[編集]

8世紀半ばからハザールの首都がイティルアストラハンの南南西40km)に置かれ、ヴォルガ交易路英語版の拠点として栄えた。イブラーヒーム・イブン・ヤアクーブ英語版によれば、en:Radaniteと呼ばれるユダヤ商人によって流通は供給されていた。11世紀に、キプチャクキプチャク草原を支配した。

モンゴル帝国[編集]

13世紀以降にはモンゴル帝国に占領され、ジョチ・ウルスベルケの治世にヴォルガ川流域にベルケ・サライ(ヴォルゴグラードの東85km)を建設した。

1395年から翌1396年にかけて、ティムールによってサライは破壊された。アストラハン・ハン国の首都がアストラカン英語版(現アストラハン)に置かれた。

ツァリーツィン[編集]

ロシア帝国の南の国境にあたっていたため、1589年タタールの襲撃に備えて築かれたSary Su要塞(地元のタタール人の言葉で「黄色い水」の意味)が町の始まりである。すぐに交易拠点として発展を始める。「Sary Su」の音から転じ、「女帝のもの」を意味するツァリーツィンの名がついた。

1630年ホー・ウルロクロシア語版ドイツ語版太師に率いられたカルムイク人ヴォルガ川流域のノガイ・オルダを駆逐してカルムイク・ハン国英語版1630年 - 1771年)を建国。1670年スチェパン・ラージン)、1774年エメリヤン・プガチョフ)と2度、コサックの支配を経験する。

ロシア革命後の内戦では戦場となる。1918年ボリシェヴィキ軍が制圧するが、アントーン・デニーキン白軍の攻撃にさらされる。

スターリングラード[編集]

川沿いの旧製粉所。市街戦の跡。現在はスターリングラード攻防戦のパノラマ博物館

反革命勢力に対する勝利に貢献したため、また旧帝国に関する名称を廃止する方針のため、1925年ヨシフ・スターリンにちなんでスターリングラードと命名された。スターリングラードは、ソビエト連邦の工業化政策のもとで、南ロシアにおける重要な重工業都市に発展した。

1942年夏にスターリングラードは、ブラウ作戦によるドイツ軍の包囲を受けて、半年以上にわたるスターリングラード攻防戦の舞台となった。戦闘により街は荒廃し人口も激減したが、激戦を戦い抜いたスターリングラードは戦後「英雄都市」となり、現在も市の紋章には金星章が描かれている。激戦地を望むママエフ・クルガンに多くの記念碑が建てられた。またイギリスコヴェントリーを皮切りに広島など戦火に見舞われた都市と姉妹都市を結んでいる。

ヴォルゴグラード[編集]

1961年ニキータ・フルシチョフによるスターリン批判の流れの中で、都市名は「ヴォルガの町」を意味する現在のヴォルゴグラードへと再度改められた。しかし、ロシア国内で市名復活を求める署名活動が行われるなどの動きもあり、スターリングラード攻防戦終結70周年にあたる2013年1月31日、市議会は8月23日スターリングラード攻防戦開始日、2月2日スターリングラード攻防戦終結日、5月9日ヨーロッパ戦勝記念日9月2日対日戦勝記念日6月22日バルバロッサ作戦開始日、11月19日ウラヌス作戦開始日等の記念日に限定して市名をスターリングラードに戻すことを決定した[1]

ヴォルゴグラードの中心街。中央にヴォルゴグラード駅英語版が見える。
ヴォルゴグラードの劇場
爆弾テロにあったヴォルゴグラード駅

テロ攻撃[編集]

21世紀に入って、ヴォルゴグラードはテロ攻撃に見舞われている。

2004年8月24日、ヴォルガ・アヴィアエクスプレス(現在のエア・ヴォルガ)1303便[2][3]モスクワ発ヴォルゴグラード行きツポレフ Tu-134型機(登録番号RA-65080)は、自爆テロにより空中で爆破され墜落、乗客34名と乗員9名の全員が死亡した。

2013年10月21日月曜日午後2時頃、ロシア連邦軍情報部の報告によればレゾバザバス停に停車中の乗客40名を乗せたバスが、自爆テロの標的になったことが判明した[4]ロシア非常事態省のイリーナ・ゴゴリェワ報道官によれば、少なくとも5人が死亡し、爆風により17人が負傷したことが報告された[5]。2013年10月22日、ウラジーミル・マルキンロシア捜査委員会委員長は、ダゲスタン人のナイーダ・アシヤロワ(当時30歳)が犯人として特定されたと報告した[6]

2013年12月29日ヴォルゴグラード鉄道駅英語版で自爆テロと見られる爆破事件が発生。17名が犠牲となった。翌30日、市内でトローリーバスが自爆テロで爆破され、16名が死亡した[7]

経済[編集]

今日のヴォルゴグラードはロシアでも重要な、近代的な産業都市となっている。造船、石油精製、製鉄、アルミ精錬、機械・車両製造、化学工業などが主な産業である。

この地方の工場などへ電力を供給するためのヴォルゴグラードダムとヴォルゴグラード水力発電所が市の北にあり、ヴォルガ川をせき止めた巨大なダム湖を形成している。

交通[編集]

水運
鉄道
航空
市内交通

気候[編集]

ヴォルゴグラードの気候
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
最高気温記録 °C (°F) 12.0
(53.6)
14.0
(57.2)
21.4
(70.5)
28.9
(84)
37.7
(99.9)
39.2
(102.6)
39.8
(103.6)
39.0
(102.2)
38.0
(100.4)
31.5
(88.7)
18.2
(64.8)
11.0
(51.8)
39.8
(103.6)
平均最高気温 °C (°F) −4.5
(23.9)
−4.3
(24.3)
2.6
(36.7)
15.4
(59.7)
22.7
(72.9)
26.9
(80.4)
29.3
(84.7)
27.9
(82.2)
21.6
(70.9)
12.2
(54)
4.0
(39.2)
−1.9
(28.6)
12.7
(54.9)
平均最低気温 °C (°F) −10.7
(12.7)
−10.7
(12.7)
−4.5
(23.9)
5.1
(41.2)
12.0
(53.6)
16.1
(61)
18.4
(65.1)
17.1
(62.8)
11.6
(52.9)
4.0
(39.2)
−1.3
(29.7)
−7.0
(19.4)
4.2
(39.6)
最低気温記録 °C (°F) −32.6
(−26.7)
−32.1
(−25.8)
−26.1
(−15)
−10.1
(13.8)
−2.6
(27.3)
2.0
(35.6)
7.0
(44.6)
2.8
(37)
−3.0
(26.6)
−12.2
(10)
−21.7
(−7.1)
−29.5
(−21.1)
−32.6
(−26.7)
降水量 mm (inch) 10.0
(0.394)
11.3
(0.445)
26.2
(1.031)
37.5
(1.476)
58.6
(2.307)
53.9
(2.122)
55.7
(2.193)
51.2
(2.016)
48.0
(1.89)
32.4
(1.276)
15.8
(0.622)
9.9
(0.39)
410.5
(16.161)
出典: Гидрометцентр России[8][9] 2010-01-25

建造物[編集]

ママエフ・クルガンから独ソの死闘が繰り広げられたヴォルガ川を見下ろす.
ヴォルガ川から見た市街地(2005年)

学校[編集]

姉妹都市[編集]

脚注[編集]

  1. ^ “「スターリンの町」名称復活=独ソ激戦終結70年-ロシア”. 時事通信. (2013年2月2日). http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2013020200208 2013年2月3日閲覧。 
  2. ^ 英語版記事では1353便
  3. ^ Kurz, Robert W.; Charles K. Bartles (2007). “Chechen suicide bombers” (PDF). Journal of Slavic Military Studies (Routledge) 20: 529–547. doi:10.1080/13518040701703070. http://www.dtic.mil/dtic/tr/fulltext/u2/a477845.pdf 2012年8月30日閲覧。. 
  4. ^ 5 killed in Russia bus explosion; suicide bombing suspected”. Cable News Network (CNN) (2013年10月21日). 2013年10月21日閲覧。
  5. ^ Blast kills bus passengers in Russia”. Al Jazeera America (2013年10月21日). 2013年10月21日閲覧。
  6. ^ 6 dead as female suicide attacker explodes bomb on Russian bus”. Fox News Network (2013年10月21日). 2013年10月21日閲覧。
  7. ^ Volgograd suicide bombing kills at least 14 (photos, graphic video)”. RT (2013年12月30日). 2013年12月30日閲覧。
  8. ^ Гидрометцентр России” (Russian). 2008年12月14日閲覧。
  9. ^ [1]
  10. ^ Volgograd State Technical University - Main page”. Vstu.ru (2011年8月21日). 2011年9月15日閲覧。
  11. ^ Россия. “Волгоградский государственный медицинский университет (ВолгГМУ)”. Volgmed.ru. 2011年9月15日閲覧。
  12. ^ Internet Archive Wayback Machine”. Web.archive.org (2007年6月27日). 2011年9月15日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]