対日戦勝記念日

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

対日戦勝記念日(たいにちせんしょうきねんび)とは、連合国第二次世界大戦における日本[1]に対する戦勝記念日である。Victory over Japan DayVJ DayVictory in the Pacific DayVP Dayともいうが、略称としてはVJ Dayが一般的である。

通常は、大日本帝国政府が公式にポツダム宣言による降伏文書に調印した1945年9月2日を指す事が多い。なお、中華民国(1949年10月1日以後は台湾のみ)やソビエト連邦中華人民共和国の対日戦勝記念日は、その翌日9月3日である。

似たような記念日にVEデー(Victory in Europe Day、ヨーロッパ戦勝記念日)の1945年5月8日がある。枢軸国のうち最後に降伏したのが日本だったため、VJデーは即ち第二次世界大戦の終結の日となっている。

経緯[編集]

1945年8月14日、日本政府は連合国に対してポツダム宣言を受諾する旨を、スイス政府経由でアメリカ合衆国大統領トルーマンに電信した。翌8月15日正午、大日本帝国元首である昭和天皇玉音放送によって、このことが帝国臣民(日本国民)に向けて公表され、大日本帝国軍に対して『停戦命令』を発布した。

同年9月2日、昭和天皇は「降伏文書調印に関する詔書」を発し、降伏文書への署名及びその履行等を命じた。これに基づき、同日、東京湾上のアメリカ戦艦ミズーリにおいて、日本側を代表して重光葵外相、梅津美治郎参謀総長、連合国を代表して連合国最高司令官マッカーサーが降伏文書に署名した。

連合国[編集]

アメリカ合衆国では、8月14日に日本の降伏が報道された。その日にトルーマンは、ポツダム宣言受諾の全文を紹介した上で、「“VJデー”の布告は、日本が降伏文書に正式に署名するまで待たなければならない」と発言した。そして、同年9月2日の降伏文書調印を以って、トルーマンはラジオ演説を行い、日本が正式に降伏したこの日を“VJデー”とする、と宣言した。

VJデーは、現在でもロードアイランド州で祝日になっている。ただし、正式な祝日の名前は「Victory Day(勝利の日)」で8月の第二月曜日としている。

アメリカ合衆国やフランスなど旧連合国では、2005年9月2日に戦争終結60周年の記念行事が開かれた。ワシントンD.C.で開かれた記念行事には、退役軍人を初めとして多くの人々が集まった[2]

イギリスでは、日本の「終戦の日」同様に8月15日をVJデーとしている。

ロシア[編集]

ソビエト連邦時代は、対日戦勝記念日は9月3日であった。これは、ソビエト連邦政府が、降伏文書調印の翌日9月3日に戦勝記念式典を開いたことに因む。

継承国のロシア連邦でも、当初はソビエト連邦と同じく9月3日を対日戦勝記念日にしていたが、2010年7月14日連邦議会9月2日を「第二次世界大戦が終結した日」とする法案を可決[3]、同月25日にドミートリー・メドヴェージェフ大統領が署名し、9月2日を「第二次世界大戦終結の日」とする法改正案は成立した[4]。これは事実上の対日戦勝記念日と見られているが、2011年3月11日に、9月3日を「日本帝国主義者に対する勝利の日」と定める法案が提出された際は統一ロシアが反対し否決している[5]

中華民国・台湾[編集]

連合国の一員だった中華民国(当時の中国。1949年以後は台湾のみ)は、対日戦勝記念日を9月3日としている。これは、日本政府が降伏文書に調印した9月2日の翌9月3日に、国民党政府がこの日より3日間を抗日戦争勝利記念の休暇としたためである。[6]1949年に成立した中華人民共和国も、中華民国と同じく9月3日を抗日戦争勝利記念日と称している。中国大陸や台湾には、今でも多くの「九三街」(9月3日通り)や「九三小学」(9月3日小学校)が存在する。なお、台湾における「日本の統治からの解放記念日」(台湾光復節)は、台湾光復式典が開かれた10月25日である。

連合国以外[編集]

朝鮮半島、即ち現在の大韓民国及び朝鮮民主主義人民共和国は、日本政府が降伏文書に調印した9月2日に、日本の統治から正式に解放された。但し、VJデーに当たる光復節(韓国)及び解放記念日(北朝鮮)は、双方とも8月15日としている。

ベトナムでは、日本が降伏文書に調印した9月2日に、ベトナム民主共和国の樹立が宣言された(ベトナム独立宣言)。ベトナム民主共和国を継承したベトナム社会主義共和国では、VJデーに当たる9月2日は国慶節とされている。

脚注[編集]

関連項目[編集]