オデッサ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オデッサ
Одеса
ウクライナの旗
Odessa Potemkin Stairs.jpg
ポチョムキンの階段
Flag of Odessa, Ukraine (1999).svg Coat of Arms of Odessa.png
市旗 市章
位置
オデッサの位置の位置図
オデッサの位置
座標 : 北緯46度28分0秒 東経30度44分0秒 / 北緯46.46667度 東経30.73333度 / 46.46667; 30.73333
歴史
Founded 1794年9月2日
行政
ウクライナの旗 ウクライナ
  オデッサ州の旗 オデッサ州
 市 オデッサ
市長 Гурвіц Едуард Йосипович
地理
面積  
  市域 163km2(62.9mi2
標高 40m(131ft
人口
人口 (2008年現在)
  市域 1,080,000人
    人口密度   6,141人/km2(15,905.1人/mi2
  都市圏 1,191,000人
  備考 都市圏人口は2001年
その他
等時帯 東ヨーロッパ時間UTC+2
夏時間 東ヨーロッパ夏時間UTC+3
郵便番号 65000 — 65480
市外局番 +380 48
公式ウェブサイト : http://www.odessa.ua/

オデッサウクライナ語:Одесаオデーサロシア語:Одесса)は、ウクライナ南部、黒海に面した港湾都市である。オデッサ州州庁所在地で、2006年現在の人口は約99.3万人。

重要な貿易港を持ち、またこれまでの歴史上様々な国の支配を受けてきたため、非常に国際色豊かな都市となっている。ソビエト連邦時代に発展を遂げたため、主に現地人の間で使用されている言語はロシア語であるが、あくまでも公用語はウクライナ語である。住民はウクライナ人ロシア人ユダヤ人ギリシャ人ルーマニア人ブルガリア人トルコ人と多種多彩である。

名称[編集]

ウクライナの独立以降、公用語はウクライナ語のみとなっている。従ってこの町の名もウクライナ語名Одесаのみが公式な名称と認められる。この名前については、日本語ではオデーサ、あるいはアクセント位置を示す長音符を用いずにオデサと表記する。古くはアクセント位置に長音符ではなく促音を用いていた慣習もあり、従来の表記オデッサがウクライナ語名からかけ離れているわけではない。

ウクライナの独立まで長らく公用語として用いられてきたロシア語では、Одессаと書き「アヂェーサ」のように発音する。

このページでは、「オデッサ」で統一する。

歴史[編集]

エカチェリーナ2世の治世に、1792年露土戦争 (1787年-1791年)の結果、ロシア帝国領となり、1794年から港の建設が始められた。彼女はトラキアに存在した古代ギリシアの植民地オデッサス(現ヴァルナ)にちなみこの街をオデッサと名付けた。街は貿易都市として順調に発展した。1823年から翌1824年にかけてこの街に滞在したロシアの詩人アレクサンドル・プーシキンは手紙の中で西ヨーロッパ色の強い街の様子について言及している。1821年にはオスマン帝国からのギリシャ独立を目指す秘密組織フィリキ・エテリアがこの街で結成された。1853年に勃発したクリミア戦争においては、ワラキアモルドバの両地域へ侵攻したロシア軍の拠点でもあったため、1854年よりオスマン帝国を支持して参戦したイギリスフランスの攻略目標となった。

市街風景(1895年

19世紀を通じてユダヤ人が増加し、大きなコミュニティを形成した。1887年には街の人口の約3分の1がユダヤ人であった。ウクライナ出身でロシア革命の中心人物であるレフ・トロツキーは、8歳よりこの街で学んでいる。富裕なユダヤ人の存在のお陰で、オデッサは商業を中心とした文化先進都市として発展していた。その一方、19世紀を通じて何度かのポグロムを経験している。

日露戦争さなかの1905年に、この街で戦艦ポチョムキン=タヴリーチェスキー公の反乱が起こった。この反乱は後にソ連の映画監督セルゲイ・エイゼンシュテインによって映画「戦艦ポチョムキン」として作品化されている。1917年ロシア革命が起こると、オデッサはウクライナ人民共和国中央ラーダ軍を含めたいくつものグループ、フランス軍、赤軍白軍による占領が繰り返され、最終的に1920年赤軍が支配権を取り戻した。この期間に街は大きな損害を被り、多くの住民が難民となり国外へ脱出した。第二次世界大戦中は1941年8月から10月にかけて激しい攻防戦が行われ、ドイツ軍ルーマニア軍により占領された。その後、1944年4月に赤軍が街を奪還した。

1960年代から1970年代にかけて、造船を中心として製油、化学工業、金属精錬などの重工業が発展し街は飛躍的に発展した。1970年代以降にはソ連の政策もあり、多くのユダヤ人がイスラエルアメリカ合衆国へと移住した。1991年にウクライナが独立すると、オデッサはウクライナ領となった。現在ではウクライナ海軍の基地や漁業拠点がおかれている。

文化[編集]

この街の出身でもあるイサーク・バーベリによる短編集『オデッサ物語』の舞台である。彼の他にも多くのユダヤ人芸術家がこの街で生まれ育ち、イディッシュ文化の中心地となった。また、現代ギリシャの代表的な映画作家であるテオ・アンゲロプロスの製作した映画「エレニの旅」(2004年)では、革命に伴うオデッサからのギリシャ人難民が主人公となっている。

ゆかりの人物[編集]


姉妹都市[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]