ケムニッツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
紋章 地図
Coat of arms of Chemnitz.svg Chemnitz-Position.png
基本情報
連邦州: ザクセン州
郡: 郡独立市
緯度経度: 北緯50度49分
東経12度55分
標高: 海抜 298 m
面積: 220.85 km2
人口:

241,210人(2012年12月31日現在) [1]

人口密度: 1,092 人/km²
郵便番号: 09111–09131,
09224 (Grüna, Mittelbach),
09228 (Wittgensdorf),
09247 (Röhrsdorf)
市外局番: 0371
037200 (Wittgensdorf)
037209 (Einsiedel)
03722 (Röhrsdorf)
03726 (Euba)
ナンバープレート: C
自治体コード: 14 5 11 000
市の構成: 39 市区、8 小市区
行政庁舎の住所: Markt 1
09111 Chemnitz
ウェブサイト: www.chemnitz.de
首長: バルバラ・ルートヴィヒドイツ語版 (SPD)
州内の位置
Saxony C.svg

ケムニッツ (Chemnitz, ドイツ語発音: [ˈkɛmnɪt‿s] ( 聞く)[2]) は、ドイツ連邦共和国ザクセン州の都市で独立市である。2008年までは旧ケムニッツ行政管区に属していた。人口は約24万人。

旧東ドイツ1953年 - 1990年)時代には、カール=マルクス=シュタット (Karl-Marx-Stadt) と称されたが、「ベルリンの壁崩壊」以降は旧称の「ケムニッツ」に戻された。

地勢・産業[編集]

エルツ山地の山麓辺りに位置し、これを越えるとチェコ領に達する。近隣の都市としては、約70キロ北西にライプツィヒ、30キロ南西にツヴィッカウがある。

歴史[編集]

12世紀神聖ローマ皇帝ロタール3世の時代に建てられた。17世紀三十年戦争で壊滅的な打撃を受けるが、その後復興した。19世紀以降、ドイツで産業革命が進展する中、工業都市として発展した。

第二次世界大戦後、1953年に東ドイツ政府が街を「カール=マルクス=シュタット」と改称し(「カール・マルクス都市」の意。ただしマルクスとケムニッツは直接関係がない)、カール=マルクス=シュタット県の県都となった。

1991年ドイツ再統一後、再び街の名称はケムニッツに戻された。

スポーツ[編集]

ケムニッツ出身の著名人[編集]

建物[編集]

旧市庁舎と新市庁舎
オペラハウス

姉妹都市[編集]

引用[編集]

  1. ^ ザクセン州統計局 — 市町村別人口
  2. ^ Duden, Band 6: Das Aussprachewörterbuch, 6. Aufl., S.239

外部リンク[編集]