トンブクトゥ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
トンブクトゥ
Tombouctou
—    —
  音訳
 - コイラ・チーニ語: Tumbutu
トンブクトゥ市街(1974年)
約1400年頃のサハラ越キャラバン・ルート。黄色は現代のニジェール。
トンブクトゥの位置
トンブクトゥ
トンブクトゥの位置
座標: 北緯16度46分33秒 西経3度00分34秒 / 北緯16.77583度 西経3.00944度 / 16.77583; -3.00944
マリ共和国の旗 マリ
トンブクトゥ州
地方行政地区 トンブクトゥ圏
定住 12世紀
標高 261m (856ft)
人口 (2009)
 - 計 54,453人

トンブクトゥフランス語: Tombouctou)は、西アフリカマリ共和国内のニジェール川の中流域、川の湾曲部に位置する。砂漠の民トゥアレグ族都市である。ティンブクトゥTimbuktu)とも呼ばれる。マリ帝国、ソンガイ帝国時代に繁栄し西欧では「黄金郷」として知られるほどであった。アラブ・ムスリムの学者たちも往来し学問研究も盛んであったが、16世紀以降は次第に衰退する。

トンブクトゥの歴史[編集]

古代より長らく、サハラ砂漠を越えたアフリカ内陸の黒人北アフリカからやってくるベルベル人ムスリムの商人が出会う交易拠点であって、間接的にはヨーロッパから来る商人ともつながっていたことから、この都市にまつわるさまざまな伝説や物語が伝えられた。それらの多くは、到達することの困難さに由来するものであり、ティンブクトゥという言葉は、「異国」や「遠い土地」の比喩として使われるようにもなった。

トンブクトゥは、遊牧民トゥアレグ族の特定の季節だけの野営地が起源であるが、その後、や象牙、奴隷などの交易品が行き来するサハラ砂漠の通商路において重要な中継地として都市へ成長し、この地に興隆したガーナ王国マリ帝国ソンガイ帝国を通じて莫大な富が集まる重要都市となった。ただし、砂漠地帯のオアシスに立地していたため、多くの人口を許容できるだけの食料や生活上の資材を確保することが困難であった。そのため、トンブクトゥに物資を供給するための都市網が後背地に発展していくことになった。

1500年代初頭、トンブクトゥの繁栄は頂点を迎え、その途方もない富の物語や伝説が伝えられたことを動機として、多くのヨーロッパ人がアフリカへの探検に向かうこととなった。16世紀の旅行家・地理学者であるレオ・アフリカヌスが、1512年に繁栄の絶頂にあったソンガイ帝国を訪れて次のような記述を残している。

「トンブト(ママ)の富める王は、金で出来た杯や笏を数多く持ち、その重量は1,300ポンドにもなる(中略)また常時3,000人の騎手を揃え、(中略)さらに多くの医者や裁判官、司祭、学者がおり、彼らは王の財によって手厚く養われている。」

しかし、ポルトガルや他のヨーロッパ諸国から来た探険家や奴隷商人が海路から西アフリカに上陸し、サハラ砂漠を経由しない通商路を開拓するに至って、トンブクトゥは衰退を始めた。さらに1591年にはモロッコ人のスルタンに仕えていたムーア人の傭兵集団に占領されたことが、それに拍車をかけた。後に彼らの子孫は現地の黒人と混合した。1828年にようやくこの町を訪れ生還した初めてのヨーロッパ人である探検家ルネ・カイエは、荒廃した泥の町と報告している。その後、キリスト教徒の伝道者が訪れている。

サグラダ・ファミリアを設計したアントニ・ガウディは、この地の泥土で建てられたモスクの様式に啓発されたと言われている。

世界遺産[編集]

世界遺産 トンブクトゥ
マリ共和国
サンコレ・モスク
サンコレ・モスク
英名 Timbuktu
仏名 Tombouctou
登録区分 文化遺産
登録基準 (2),(4),(5)
登録年 1988年
備考 危機遺産 (1990年 - 2005年、2012年 - )、ナンバー119
公式サイト ユネスコ本部(英語)
地図
トンブクトゥの位置
使用方法表示

モスクや聖廟を含むトンブクトゥの歴史地区は、1988年、世界遺産(文化遺産)に登録された。

登録基準[編集]

この世界遺産は世界遺産登録基準における以下の基準を満たしたと見なされ、登録がなされた(以下の基準は世界遺産センター公表の登録基準からの翻訳、引用である)。

  • (2) ある期間を通じてまたはある文化圏において、建築、技術、記念碑的芸術、都市計画、景観デザインの発展に関し、人類の価値の重要な交流を示すもの。
  • (4) 人類の歴史上重要な時代を例証する建築様式、建築物群、技術の集積または景観の優れた例。
  • (5) ある文化(または複数の文化)を代表する伝統的集落、あるいは陸上ないし海上利用の際立った例。もしくは特に不可逆的な変化の中で存続が危ぶまれている人と環境の関わりあいの際立った例。

トンブクトゥの現状[編集]

かつては10万人以上の人口を数えたトンブクトゥも、交易形態の変化や衰退により2000年代には5万人あまりに減少。かつての規模から比べれば、少し大きな村といった規模となった。ただし、現在も砂漠地帯の中の物資の集散地点であることは変わらず、岩塩や手工芸品などの取引が行われている。市内は日干し煉瓦で出来た家々が並び、ひどい貧困に見舞われている状況にある。また、周囲の砂漠化が進行し、町が砂漠に埋もれる危険性も指摘されている。

近年、周辺が世界遺産に登録されたこと、パリ・ダカール・ラリーの通過地になっていたこと(開催年によってはコースから外れることもあり)から、次第に知名度が高まり、観光客も増えつつあるが、インフラは依然として整っておらず、ホテルのキャパシティも小さい。

イスラム系武装組織が街を占拠すると、組織が自家発電により電気と水を供給するようになったが、後述するフランス空軍の空爆により組織が撤退すると電気と水の供給が停止した[1]

気候[編集]

トンブクトゥの気候
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
最高気温記録 °C (°F) 36
(97)
39
(102)
42
(108)
45
(113)
48
(118)
47
(117)
47
(117)
43
(109)
47
(117)
47
(117)
40
(104)
42
(108)
48
(118)
平均最高気温 °C (°F) 30.0
(86)
33.2
(91.8)
36.6
(97.9)
40.0
(104)
42.2
(108)
41.6
(106.9)
38.5
(101.3)
36.5
(97.7)
38.3
(100.9)
39.1
(102.4)
35.2
(95.4)
30.4
(86.7)
36.8
(98.25)
平均最低気温 °C (°F) 13.0
(55.4)
15.2
(59.4)
18.5
(65.3)
22.5
(72.5)
26.0
(78.8)
27.3
(81.1)
25.8
(78.4)
24.8
(76.6)
24.8
(76.6)
22.7
(72.9)
17.7
(63.9)
13.5
(56.3)
20.98
(69.77)
最低気温記録 °C (°F) 5
(41)
8
(46)
7
(45)
10
(50)
15
(59)
21
(70)
17
(63)
21
(70)
18
(64)
12
(54)
7
(45)
1
(34)
1
(34)
降水量 mm (inch) 0.6
(0.024)
0.1
(0.004)
0.1
(0.004)
1.0
(0.039)
4.0
(0.157)
16.4
(0.646)
53.5
(2.106)
73.6
(2.898)
29.4
(1.157)
3.8
(0.15)
0.1
(0.004)
0.2
(0.008)
182.8
(7.197)
平均降雨日数 1 0 0 0 1 1 3 4 3 1 0 0 14
出典 1: World Meteorological Organization[2]
出典 2: Weatherbase[3]


イスラム系武装組織の活動[編集]

2012年4月1日、トゥアレグ人によるアザワド解放民族運動英語版が市域を掌握したと発表した[4]。4月6日にマリ反政府勢力アザワド解放民族運動英語版(MNLA)が一方的に独立宣言したアザワド(国際的に未承認)に含まれていたが、アザワドは同年6月中にイスラム武装勢力同士の対立で事実上崩壊した。

マリ北部を制圧したアル=カーイダ系の武装組織「イスラーム・マグリブ諸国のアル=カーイダ(AQIM)」が、トンブクトゥの聖墓を破壊したと2012年5月5日、明らかにした[5]。こうした状況を踏まえ、2012年の第36回世界遺産委員会において、世界遺産「トンブクトゥ」はアスキアの墓とともに、危機にさらされている世界遺産(危機遺産)リストに登録された[6]

2012年6月30日に西アフリカ・マリの北部を支配しているイスラーム主義組織「アンサール・アッ=ディーン」が、世界遺産都市トンブクトゥでイスラーム指導者の聖廟を破壊した。彼らは、すべての聖廟を破壊すると宣言しているという。地元の目撃者によれば、同組織はシャベルなどを使って破壊を続けているという[7]

AQIMは、リビアカダフィ大佐がトンブクトゥに所有していた住居を占拠。マリ北部における活動拠点の一つとしていたが、2013年1月20日、フランス空軍の空爆により破壊されたことから、1月24日までにトンブクトゥから撤退している[1]。1月28日にはフランス軍とマリ軍が市内に進駐。翌日には、イスラム武装勢力を支持していた商店に対し、地域住民による襲撃、略奪が発生した[8]。2月2日には、フランスのフランソワ・オランド大統領が市内を訪問し、市民から歓迎を受けている[9]

トンブクトゥへの交通[編集]

  • 首都バマコからモプティを経由する不定期空路、陸路、もしくはニジェール川を行き交う乗合船を利用することとなる。

姉妹都市[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b “イスラム過激派が世界遺産トンブクトゥから撤退、内部分裂も”. AFPBB News (フランス通信社). (2013年1月25日). http://topics.jp.msn.com/world/general/article.aspx?articleid=1638228 2013年1月25日閲覧。 
  2. ^ World Weather Information Service – Tombouctou (1950–2000), World Meteorological Organization, http://www.worldweather.org/034/c00134.htm 2011年2月14日閲覧。 
  3. ^ Weatherbase: Weather For Timbutku, Mali”. Weatherbase (2011年). 2011年8月20日閲覧。 Retrieved on 23 November 2011.
  4. ^ “トゥアレグ人反政府勢力が世界遺産都市トンブクトゥを掌握”. AFPBB News (フランス通信社). (2012年4月1日). http://www.afpbb.com/article/war-unrest/2869002/8730091 2012年4月22日閲覧。 
  5. ^ アルカイダ系が聖墓破壊=世界遺産のトンブクトゥ-マリ-時事ドットコム2012年5月6日
  6. ^ Heritage sites in northern Mali placed on List of World Heritage in Danger
  7. ^ [1]
  8. ^ “トンブクトゥで怒れる住民が店を略奪”. AFPBB News (フランス通信社). (2013年1月30日). http://www.afpbb.com/article/war-unrest/2924390/10188041 2013年2月2日閲覧。 
  9. ^ “仏大統領は「解放の英雄」=トンブクトゥ住民が歓迎―マリ”. 時事通信 (時事通信社). (2013年2月2日). http://topics.jp.msn.com/world/general/article.aspx?articleid=1653649 2013年2月2日閲覧。 

参考文献[編集]

  • 『サハラが結ぶ南北交流』私市政年 山川出版社 2004年6月15日 ISBN4-634-34600-1

関連項目[編集]

外部リンク[編集]


Icon of Sekaiisan.svg Icon of Sekaiisan.svg マリ共和国の世界遺産
World Heritage Sites in Mali

文化遺産
ジェンネ旧市街 | トンブクトゥ | アスキアの墓
複合遺産
バンディアガラの断崖
世界遺産 | アフリカの世界遺産 | マリ共和国の世界遺産 | 五十音順 | [編集]
Commons-logo.svg ウィキメディア・コモンズに、マリ共和国の世界遺産に関連するマルチメディアがあります。