フランソワ・オランド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フランスの旗 フランスの政治家
フランソワ・オランド
François Hollande
François Hollande (Journées de Nantes 2012).jpg
生年月日 1954年8月12日(60歳)
出生地 フランスの旗 フランス
セーヌ=マリティーム県ルーアン
出身校 国立行政学院
パリ政治学院
パリ経営大学院
前職 会計検査院検査官
弁護士
所属政党 社会党
称号 レジオンドヌール勲章
国家功労勲章
ポーランド白鷹勲章
イタリア共和国功労勲章
大勲位菊花大綬章
配偶者 ヴァレリー・トリールヴァイレール(元パートナー)
セゴレーヌ・ロワイヤル(元パートナー)
サイン François Hollande signature.svg

任期 2012年5月15日 -

任期 2012年5月15日 -

コレーズ県議会議長
任期 2008年3月20日 - 2012年5月11日

選挙区 コレーズ県第1選挙区
当選回数 4回
任期 1997年6月12日 - 2012年5月14日
任期 1988年6月23日 - 1993年4月1日

その他の職歴
チュール市長
2001年3月19日 - 2008年3月17日
社会党第一書記
1997年11月27日 - 2008年11月26日
テンプレートを表示

フランソワ・ジェラール・ジョルジュ・ニコラ・オランドフランス語: François Gérard Georges Nicolas Hollande1954年8月12日 - )は、フランス政治家。第24代フランス大統領第五共和政)及びアンドラ公国共同大公である。

略歴[編集]

セーヌ=マリティーム県ルーアン出身。耳鼻咽喉科の医者ジョルジュ・オランドを父に、ソーシャルワーカーのニコール・トリベールを母に生まれる。

パリ政治学院(通称:シアンス・ポ)で法学士学位を取得、同校でフランス全学連の委員長を務める。1974年パリHEC経営大学院(HEC)に入学、フランソワ・ミッテラン支援委員会の委員長を務める。1979年にオランドは社会党に入党している。1980年フランス国立行政学院を7番で卒業、フランス会計監査院の検査官となる。ジャック・アタリジャック・ドロールの後押しにより、フランソワ・ミッテランの参事官となる。

政界入り[編集]

1981年ジャック・シラクの対立候補として国民議会選挙に立候補するが、第1回選挙で敗退する。シラクが50%以上の得票率であったのに対し、オランドの得票率は26%でしかなかった。しかし、ミッテランの大統領選勝利によって、側近であるオランドは大統領官邸での任務(経済問題)を担当することになる。1983年ピエール・モロワ内閣で次々に現れた2人のスポークスマン、マックス・ガロとロラン・デュマの官房長となる。同年、市町村議会選挙に立候補するが敗れ、ジャック・シラクの選挙区である(コレーズ県ユセルの市町村参事会員となる。

1984年、派閥争いに嫌気がさし、数人の友人、特にジャン・イヴ=ル・ドリアン、ジャン・ピエール=ミニャール、ジャン・ミシェル=ガイヤールなどと共に社会党の超派閥集団を結成した。

1988年、ミッテランの大統領再選の後、コレーズ県第1選挙区で53%の得票数を得て国民議会議員に当選。同年から1991年まで政治学院で第3学年の学生に経済学を教える。1990年レンヌの党大会でモロワ=メルマッズ=ジョスパンの動議を支持。

1993年、国民議会議員の任期を終了すると、1997年までジャック・ドロールの政治集団「クラブ・テモワン」を主宰する。現在、彼は名誉会長を務める。会計監査院行政官としてのオランドは、弁護士職と同等の資格を持っており、暫くの間、友人のジャン・ピエール=ミニャールの事務所で働く。

社会党第一書記へ[編集]

1994年、社会党で経済問題担当全国書記となる。ジャック・ドロールが大統領選への立候補を断念した後、リオネル・ジョスパンに接近する。ジョスパンは自らの大統領選キャンペーンの、また1995年10月には社会党のスポークスマンに起用した。

多元的左翼勝利の後、1997年、再び代議士(得票率54%以上をもって)となり、ジョスパンも首相に指名された。ジョスパンは自らの後継者として社会党第一書記(党首)の地位をオランドに託した。以後10年間にわたって社会党第一書記を務めた。調整型といわれる半面、リーダーとしての決断力に欠けるとの声もある。

1999年欧州議会議員に選出され、社会主義インターナショナルの副議長に選出されている。2001年からはチュール市長も務めた。

2007年には同年の大統領選にも出馬したセゴレーヌ・ロワイヤルとの事実婚関係を解消した。その後、ジャーナリストのヴァレリー・トリールヴァイレールと事実婚関係となった。

大統領就任[編集]

2012年に行われる大統領選挙への出馬を目指し、社会党の予備選に立候補を表明した。2010年10月に行われた予備選の決選投票で、現第一書記であるマルティーヌ・オブリーを破り、大統領選の公認候補に選出された。

2012年4月22日に施行された2012年フランス大統領選挙第1回投票で得票率28%を獲得し、現職のニコラ・サルコジを抑えて第1位となったが[1]、過半数を獲得できなかったため、規定により5月6日の決選投票に持ち込まれた。5月6日の決選投票で過半数を獲得し、サルコジを下して初当選を果たした[2]

2012年5月15日、エリゼ宮就任式が執り行われ、正式に第24代大統領に就任した[3]。新内閣の首相にはジャン=マルク・エロー社会党議員団長を指名した。また、大統領選挙での公約通り、女性閣僚を34名のうち半数の17名に増やし、大統領と閣僚の給与を30%削減した。富裕層を中心とした増税策を次々と打ち出し、100万ユーロを超える所得のフランス人は75%の税を課されるようになった。これを受けて、実業家や俳優がフランスから他国に移り住む事例が増えている[4]

2013年1月には、マリ共和国政府の要請を受けてマリの反政府勢力への拠点に空爆を行い、陸軍も展開した(セルヴァル作戦[5]。2月2日には、軍事作戦が続くマリの首都バマコを訪問して市民向けの演説や軍事施設に激励を行ったほか、9月19日には新大統領の就任式のため再びバマコを訪問している[6]

2013年5月18日には、同性結婚の合法化案に署名、成立させた[7]。2013年6月には、フランス大統領として17年ぶりに日本を訪問した。オランドは数人の大臣を含む総勢40人の代表団を伴っており、天皇皇后、および安倍晋三首相などと会談した[8][9]

失業対策や経済政策を重大な公約に掲げて大統領に当選したが、就任以来、フランスの経済は低迷を続けている。財政赤字は公約した国内総生産の3%を超え、失業率も増えて10%を超えている[10]。2013年10月、フランスの調査会社イプソスフランス語版が行った世論調査では、オランドの支持率は24%であった。これは1996年から調査を始めてからの、歴代大統領の中でも最低である[11]

2014年1月、女優との不倫が発覚。これによりトリールヴァイレールとの事実婚関係も解消した[12]。2014年1月16日、オランド大統領などに抗議する男性が、パリ国民議会前で馬糞をまくパフォーマンスを行った[13]

2014年1月14日には、家族手当の原資となる企業拠出金を2017年までに廃止するなど、企業を優遇する方針を発表した。フランスのメディアからは、「それでも社会党政権と言えるのか」「結局、サルコジ前右派政権とどう違うのか」という声が出ている[14]

公職歴[編集]

国民議会webページ[15]による。

国政[編集]

  • 1988年6月12日 - 1993年4月1日 : 国民議会議員
  • 1997年6月1日 - 2012年5月14日:国民議会議員
  • 2012年5月15日 - :フランス第24大統領(現職)

地方[編集]

欧州議会[編集]

栄典[編集]

家族[編集]

パートナーであった政治家セゴレーヌ・ロワイヤルとの間に4人の子供がいるが、事実婚関係を解消した後、ジャーナリストのヴァレリー・トリエルヴェレール民事連帯契約となった。結婚はしていないので、アメリカのメディアなどは、ヴァレリー・トリエルヴェレールをファーストレディではなくファーストガールフレンドと呼んでいる[16]

2014年1月11日、フランスの女優ジュリー・ガイエとの不倫疑惑が報じられた。オランドはプライバシーの侵害として、報じた芸能誌を訴える意思を示しているが、事実関係は否定していない[16]。1月15日、オランドは不倫の事実を認めた[17]。これによりトリエルヴェレールは10日間寝込み、2014年1月25日、関係を解消[12]

暴露本[編集]

2007年、事実上の妻であるセゴレーヌ・ロワイヤルが大統領選に敗北してまもなくフランス高級紙「ル・モンド」の記者2人による著作「運命の女」が出版された。これは、それまでオシドリ夫婦と見られたオランドとロワイヤルが10年以上前から「仮面夫婦」の状態であることを暴露したものである。同書の中には1995年にロワイヤルが大統領選出馬を考えていたが、オランドが反対したことや、オランドの浮気などの様々な面で対立や軋轢が両者の間にあったことを、綿密な調査のもと書いている。オランドとロワイヤルはこの本の内容を否定したが、フランス国内では15万部が売れるベストセラーになった。

なお、2007年6月に両者は別居、関係を解消している。

さらに、2014年に関係を解消したヴァレリー・トリールヴァイレールも、オランドとのエリゼ宮殿で過ごした日々を綴った暴露本を出版した。この本で、オランドは決断力のない指導者として描かれている。またオランドについて「彼は自らが富裕層が好きでないように見せているが、実際には貧困層を嫌っている。プライベートでは貧困層を『無力だ』と呼んでいる」と本の中で語っている[18]。この暴露本は、庶民派として若者や労働者層を支持基盤としてきたオランドにとって打撃となっており、オランドは本の内容について「私を傷つけるウソ」であると反論した[19]

脚注[編集]

  1. ^ オランド氏28%、サルコジ氏を1ポイント上回る 仏大統領選 CNN Japan 2012年4月23日閲覧
  2. ^ 仏大統領に社会党のオランド氏 サルコジ氏敗れ政権交代 東京新聞 2012年5月7日閲覧
  3. ^ オランド仏大統領が就任 独首相と初会談へ 迫られる「協調」姿勢 産経新聞 2012年5月15日閲覧
  4. ^ “救国の英雄もフランス脱出,オランド大統領の富裕層課税を嫌気”. Bloomberg. (2012年12月12日). http://www.bloomberg.co.jp/news/123-MEVKAK6K50ZF01.html 2013年10月26日閲覧。 
  5. ^ “マリへの軍事介入は正当化される=オランド仏大統領”. Reuters. (2013年1月18日). http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTJE90G01Q20130117 2013年10月26日閲覧。 
  6. ^ “仏大統領、自由シリア軍への「管理された武器供与」を支持”. AFP (フランス通信社). (2013年9月20日). http://www.afpbb.com/articles/-/2969305?pid=11376818 2013年12月14日閲覧。 
  7. ^ “フランスが同性婚を合法化、世界で14か国目”. AFPBB News. (2013年5月18日). http://www.afpbb.com/articles/-/2944713?pid=10761958 2013年10月26日閲覧。 
  8. ^ Sabine Wibaux (2013年6月6日). “オランド仏大統領が来日、アベノミクスに「学びたい」”. AFPBB News. http://www.afpbb.com/articles/-/2948496 2014年1月26日閲覧。 
  9. ^ “フランソワ・オランド大統領が国賓訪日”. 在日フランス大使館. (2013-28). http://www.ambafrance-jp.org/article6571 2014年1月26日閲覧。 
  10. ^ “9月の仏失業者数は前月比6万人増、オランド政権に打撃”. ウォール・ストリート・ジャーナル. (2013年10月25日). http://jp.wsj.com/article/SB10001424052702304523904579156891881827348.html 2013年10月26日閲覧。 
  11. ^ “オランド仏大統領の支持率、過去最低に”. AFPBB News. (2013年10月15日). http://www.afpbb.com/articles/-/3001421 2013年10月26日閲覧。 
  12. ^ a b フランス大統領カップルが破局 密会報道後に別居 共同通信2014年1月26日
  13. ^ “仏議会前に大量の馬糞まく、不倫疑惑のオランド大統領に抗議”. Reuters. (2014年1月16日). http://jp.reuters.com/article/oddlyEnoughNews/idJPTYEA0G00S20140117 2014年1月26日閲覧。 
  14. ^ “オランド政権:相次ぐ企業優遇策に「それでも社会党か」”. 毎日新聞. (2014年1月15日). http://mainichi.jp/select/news/20140115k0000e030219000c.html 2014年1月26日閲覧。 
  15. ^ M. François Hollande”. フランス国民議会. 2012年2月4日閲覧。
  16. ^ a b Sylvie MALIGORNE (2014年1月11日). “「不倫」疑惑報じられた仏大統領、芸能誌に「法的措置も検討」”. AFPBB News. http://www.afpbb.com/articles/-/3006321 2014年1月12日閲覧。 
  17. ^ “オランド大統領:密会認める パートナーと「つらい時間」”. 毎日新聞. (2014年1月15日). http://mainichi.jp/select/news/20140115k0000e030214000c.html 2014年2月8日閲覧。 
  18. ^ DAVID GAUTHIER-VILLARS (2014年9月5日). “仏大統領の元パートナー暴露本、私事に寛容な国民も複雑”. ウォール・ストリート・ジャーナル. http://jp.wsj.com/news/articles/SB10001424052970203736504580134833485309768 2014年9月5日閲覧。 
  19. ^ 三井美奈 (2014年9月14日). “「回想録はウソ」仏大統領、元「妻」に反論”. 読売新聞. http://www.yomiuri.co.jp/world/20140914-OYT1T50027.html 2014年9月14日閲覧。 

外部リンク[編集]

公職
先代:
ニコラ・サルコジ
フランスの旗 フランス共和国(第五共和政)大統領
第24代:2012年 -
現職
先代:
ジャン=ピエール・デュポンフランス語版
Blason département fr Corrèze.svg コレーズ県議会議長
2008年 - 2012年
次代:
ジェラール・ボネフランス語版
先代:
レモン=マックス・オベールフランス語版
Blason tulle.svg チュール市長
2001年 - 2008年
次代:
ベルナール・コンブフランス語版
爵位
先代:
ニコラ・サルコジ
アンドラの旗 アンドラ共同大公
ジュアン・エンリク・ビベス・イ・シシリアと共同
2012年 - 現在
在位
党職
先代:
リオネル・ジョスパン
社会党第一書記
1997年 - 2008年
次代:
マルティーヌ・オブリー
先代:
セゴレーヌ・ロワイヤル
社会党大統領候補者
2012年
現職