ミュルーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

フランス > アルザス地域圏 > オー=ラン県 > ミュルーズ

Mulhouse
Blason Mulhouse.svg  Drapeaumulhouse.png
Assemblage mulhouse.jpg
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) アルザス地域圏
(département) オー=ラン県
(arrondissement) Arrondissement of Mulhouse
小郡 (canton) 4
INSEEコード 68224
郵便番号 68100 68200
市長任期 ジャン=マリ・ボッケル
2008年 - 2014年
人口動態
人口 市: 112,002人
1999年
人口密度 4,976人/km²
地理
座標 北緯47度44分58秒 東経7度20分24秒 / 北緯47.749481度 東経7.33994度 / 47.749481; 7.33994座標: 北緯47度44分58秒 東経7度20分24秒 / 北緯47.749481度 東経7.33994度 / 47.749481; 7.33994
標高 平均:240 m
最低:232 m
最高:338 m
面積 市: 22.18km² (2 218ha)
Mulhouseの位置(フランス内)
Mulhouse
Mulhouse
テンプレートを表示

ミュルーズフランス語英語Mulhouse、標準ドイツ語:(ミュールハウゼン)Mülhausenアレマン語Milhüsa(ミールヒューザ)、アルザス語Milhüse(ミールヒューゼ))は、フランス東部、アルザス地域圏のオー=ラン県南部の都市。スイスとの国境及び、スイスの主要都市の一つであるバーゼルから近い。

概要[編集]

ミュールズの位置

地名は「水車小屋(の地)」を意味し、市の紋章も水車の形のものである。名称の通り、近辺では水力に利用できる水資源に恵まれ、18世紀以降、工業が発達した。

旧市庁舎は16世紀に建造されたバロック様式の建築で、外壁の奇抜な壁画で知られる。

基本的には工業都市であり、同じアルザスでもストラスブールコルマールのような観光客の目を引きやすい見所はない。しかし、染色織物博物館、国立自動車博物館シテ・デュ・トラン(フランス鉄道博物館)など、産業関連の博物館の集まる都市でもある。

国立自動車博物館 
シテ・デュ・トランに展示のワゴン・リ客車 
2006年開業のLRT 

沿革[編集]

1308年帝国自由都市となり、1354年から1515年までの間、十都市同盟に加盟していた。1515年にジュネーヴ共和国等とともにスイスと同盟関係となったが、第一次対仏大同盟第二次対仏大同盟の間の1798年1月4日の市民による投票の結果、1798年1月28日にフランスに編入され、以降はアルザス地方の帰属に従った。

産業[編集]

出身者[編集]

姉妹都市[編集]

外部リンク[編集]