レバント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
レバントの範囲の例
レバントの範囲の例

レバントまたはレヴァント (Levant) とは東部地中海沿岸地方の歴史的な名称。厳密な定義はないが、広義にはトルコシリアレバノンイスラエルエジプトを含む地域[1]。現代ではやや狭く、シリア、レバノン、ヨルダン、イスラエル(およびパレスチナ自治区)を含む地域(歴史的シリア)を指すことが多い。歴史学では、先史時代古代中世にかけてのこれらの地域を指す。

レヴァントは英語の発音だが、もとはフランス語ルヴァン (Levant) で、「(太陽が)上る」を意味する動詞「lever」の現在分詞「levant」の固有名詞化である。

肥沃な三日月地帯の西半分にあたるレバントは、最初の農耕が始まった場所とされる。シリアのテル・アブ・フレイラ遺跡(11050BP, 紀元前9050年頃)では最古級の農耕の跡(ライムギ)が発見されている。

かつて東部地中海沿岸のアナトリアからシリア、パレスチナ、エジプトにかけては多数の富裕な港があり、イタリアのヴェネツィア共和国ジェノヴァ共和国ピサアマルフィなど海洋都市国家は競ってこれらの港と貿易を行い、その利益をめぐり互いに戦争を行うほどだった。この貿易をレヴァント貿易(東方貿易)と呼び、その港のある東部地中海沿岸をレヴァントと呼んだ。イタリアの海洋都市国家がレヴァントとの貿易で輸入したのは、これら地中海沿岸で生産されたものもあったが(農産品や織物など)、それらよりも、遠くインド東南アジア中国、あるいはアフリカからなどから運ばれてきたスパイス胡椒象牙など高価で希少な、ヨーロッパではぜいたく品とされた品々が主だった。

レパントの海戦が戦われたギリシャの都市名レパント (Lepanto) としばしば間違われるが、無関係である。また、レバノン (Lebanon) とも音が似ているが、これはアラム語起源の古い地名であり、偶然の一致である。

レバントにちなんだ言葉[編集]

  • ISIL (Islamic State in Iraq and the Levant) - 「イラク・レバントのイスラム国」の意。国際連合日本国政府アメリカ合衆国連邦政府が公式に使用している(2015年2月現在)。なおこの名称を使うことには、レバントにトルコからシリア、エジプト、パレスチナやヨルダン、レバノンをも含む「大シリア」を指したり、ダマスカスを指すときに用いられることもあるなどするため批判がある。2015年2月9日、日本国内のイスラム教関連の約30団体が声明を出し、「過激派組織の行いは、イスラームの教えとはまったく異なるもの」だとして、日本のメディアに「イスラム国」という名称を使わないよう要請した[2]。これを受けてNHKYahoo! JAPAN毎日新聞などが呼称をIS (Islamic State)という表記に変更し[3]、日本国内では名称が混乱した状態にある。

出典[編集]

  1. ^ 『メソポタミアの土 イラク農業研究序説』(アジア経済研究所、1967年)によると、「クレタ島からキプロス島クルディスタンを経て、アラビア半島オマーンに至る」と記載されている。
  2. ^ “「イスラム国」やめました”. Yahoo! ニュース. http://bylines.news.yahoo.co.jp/horijun/20150211-00042956/ 2015年2月20日閲覧。 
  3. ^ “NHKが「イスラム国」の呼称変更 メディアごとに呼び方違い、混乱招きかねない”. J Cast News. http://www.j-cast.com/2015/02/14227863.html?p=2 2015年2月20日閲覧。 

関連項目[編集]