肥沃な三日月地帯

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
肥沃な三日月地帯と呼ばれる地域

肥沃な三日月地帯(ひよくなみかづきちたい、Fertile Crescent)とは、古代オリエント史の文脈において多用される歴史地理的な概念である、その範囲はペルシア湾からチグリス川ユーフラテス川を遡り、シリアを経てパレスチナエジプトへと到る半円形の地域である。

「肥沃な三日月地帯」という用語が初めて用いられたのは1916年のことである。当時シカゴ大学のエジプト学者であったジェームズ・ヘンリー・ブレステッド(James Henry Breasted)が、著作『古代』の中で初めて使用した。以後多くの学者によって古代オリエントの中心地を指す用語として用いられるようになった。

現代においても古代オリエントの地理を説明する文脈では多用される用語であるが、その範囲に厳密な定義があるわけではなく、また範囲内の気候やそれに合わせた農業体系、文化も必ずしも同質ではない。むしろ周辺の砂漠地帯に対する大河地帯の特性を強調した用語といえる。

この地域は、メソポタミア古代エジプトといった多くの古代文明が栄え、後々まで中東の中心であった。

今日、肥沃な三日月地帯に含まれる主要な国は、イラクシリアレバノンイスラエルパレスチナであり、それにエジプトを含むこともある。また、東南トルコ、西北ヨルダン、西南イランも含まれる。