エジプト学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

エジプト学(エジプトがく、英語:Egyptology、フランス語:Égyptologie)とは、古代エジプトとその遺跡遺物についての、科学的な研究である。東洋学の一分野であり、アッシリア学と並ぶ(古代)オリエント学の中心である。また古代史学・考古学とも関係があり地域性やテーマ性を帯びている。研究者はエジプト学者と呼ばれる。

歴史[編集]

1822年、フランスのシャンポリオンナポレオンエジプト遠征の過程で発見されたロゼッタ・ストーンを活用して、ヒエログリフ(エジプト文字)の解読法を発見・発表したことで、単なる遺品探しを超えた近代のエジプト学が始まった(したがってこの年が公式なエジプト学成立の年とされる)。その後、エジプトの文字と言語についての知識が増え、古代エジプト文明についての研究は学術的な厳密さを伴うようになり、研究に弾みがついたのである。

エジプト学者[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]