ガストン・マスペロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ガストン・マスペロ

ガストン・カミーユ・シャルル・マスペロ(Gaston Camile Charles Maspero , 1846年6月23日 - 1916年6月30日)は、フランス考古学者ロンバルディアから移住した先祖を持ち、パリで生まれた。息子は中国学者アンリ・マスペロ。1869年から高等研究実習院エジプト語を講義し、1874年にはコレージュ・ド・フランスシャンポリオンの後継の地位に就いた。1880年エジプトへ派遣され、オギュスト・マリエットの後を継いでエジプト考古学庁の最高責任者となった。また、政府の委託でカイロ考古学研究所を設立したことでも知られる。カイロ博物館の第2代館長でもあった。

参考資料[編集]