エジプト考古学博物館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Japanese Map symbol (Museum) w.svg エジプト考古学博物館
The Egyptian Museum.jpg
エジプト考古学博物館
施設情報
開館 1902年
所在地
エジプトカイロ
プロジェクト:GLAM
テンプレートを表示

エジプト考古学博物館(エジプトこうこがくはくぶつかん)は、エジプト首都カイロにある国立の考古学博物館。通称カイロ博物館。年中無休。収蔵点数は20万点にものぼると言われる。

館内には、ツタンカーメン王の王墓から発掘された黄金のマスク、黄金の玉座をはじめ、カフラー王座像、ラムセス2世ミイラなど、古代エジプトの至宝が展示されている。

歴史[編集]

  • 1858年にエジプト考古局の初代長官に就任したフランス人考古学者オギュスト・マリエットは、国外への流出が激しかった遺跡からの出土品の管理を進めた。出土品の収蔵は進み、やがて博物館へと姿を変えた。
  • 1902年に現在の建物に移った。博物館には、マリエットの功績をたたえてレリーフが飾られているほか、博物館前庭にはマリエット本人が葬られ銅像が建てられている。
  • 2011年エジプト騒乱では、略奪者が侵入した[1]。その後、盗品が発見された[2]
  • 2013年8月に発生したムスリム同胞団と治安部隊との衝突を受け、エジプト考古省は2013年8月14日から一時閉鎖措置をとっている[3]
  • 老巧化しており、ギーザで建築中の大エジプト博物館2015年8月完成予定)に展示物がひきつがれる予定。

脚注[編集]

  1. ^ http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=20110201001&expand&source=gnews
  2. ^ http://sankei.jp.msn.com/world/news/110215/mds11021500490000-n1.htm
  3. ^ “エジプト:ピラミッドも一時閉鎖 衝突拡大で”. 毎日新聞. (2013年8月15日). http://mainichi.jp/select/news/20130815k0000e030161000c.html 2013年8月20日閲覧。 

参考文献[編集]

  • ナイルの遺産(屋形禎亮 監修、山川出版社)- 歴史の項

外部リンク[編集]