ブガッティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブガッティ・T43(1928年型)

ブガッティ(Bugatti)は、

  1. 1909年イタリア出身の自動車技術者、エットーレ・ブガッティアルザス(当時ドイツ領)に設立した自動車会社。1940年代初頭まで主に高性能スポーツカーやレースカーを製造していた。
  2. 1987年、イタリアの実業家、ロマーノ・アルティオーリがモデナ(イタリア)に設立した自動車会社。スーパーカー「EB110」を発売した後、1995年に経営破綻した。
  3. 1998年、ドイツのフォルクスワーゲンAGが1.の創業地アルザス(フランス)に設立した自動車会社。現在まで「ブガッティ」のブランドで自動車の製造・販売を行っている。ブガッティ・オトモビルを参照。

及びそれらが使用している自動車ブランドである。ここでは1と2について解説する。

歴史[編集]

伝説のスポーツカーメーカー[編集]

ブガッティ・T43のエンジンルームと8気筒エンジン。エットーレ・ブガッティの美意識に則り、当時のブガッティエンジンは通常ではあり得ないような直方体状の外観に仕立てられていた
タイプ35

ブガッティの創始者、エットーレ・ブガッティ1881年、イタリア・ミラノの芸術家一族の家に生まれた。若くして多くの自動車のエンジンの設計に携わり、さらには1909年自動車会社を設立、自ら自動車の設計を始めるようになり、高級クラスの市販車とグランプリレースで活躍し、知名度をあげた。

その後イタリアから当時ドイツ領であった(現フランス領)アルザス地方のモルスハイムに移った。エットーレは多くのエンジンを設計し、レースではフランス・グランプリでの勝利に始まり、第1回、2回、3回モナコグランプリでの3年連続優勝、タルガ・フローリオでの優勝などの成績を残した。

その後、自動車生産と並行して気動車、飛行機の設計を行ったが、商業的に成功しなかった。1939年、エットーレの息子、ジャン・ブガッティがレースカーのテスト中に事故死、会社の業績も下向きとなった。さらに第二次世界大戦でモールスハイムの工場は破壊され、エットーレ・ブガッティは1947年に他界した。

その後はLevallois工場で飛行機用エンジンを細々と生産しイスパノ・スイザに納入していたが、1963年にフランスの製造業社イスパノ・スイザに吸収され、さらに1968年スネクマ(現・サフラン)に吸収され、現在はサフラングループ傘下のメッサー・ブガッティとして飛行機のブレーキホイールを作成している。

有名なモデルとしては、タイプ35、タイプ41ロワイヤル、タイプ57クーペ・アトランティーク、タイプ55などがある。

110年目の復活[編集]

EB110 GT SS

1987年、イタリア人実業家ロマーノ・アルティオーリがブガッティの商標を手に入れ、イタリアのモデナにブガッティ・アウトモビリ(Bugatti Automobili SpA )を設立。1989年、ついにその復活プランが発表され、1991年にはEB110GTを発表。1993年にはEB112とよばれるセダン型のプロトタイプも発表。当時日本で輸入元に選ばれたのはニコル・レーシング・ジャパンで、元レーシングドライバー式場壮吉がブガッティの公式アドバイザーとなった。

EB110は3,500ccV型12気筒エンジンにクアッド(4基)の石川島播磨重工業ターボチャージャーを装備し、ドライブトレインをフルタイム4WDとしたスーパーカーであった[1]。当初マルチェロ・ガンディーニによるデザインでプロトタイプが製作されていたが、発表された生産型は自社によるデザインであった。またEB112はジウジアーロによるデザイン。ジウジアーロは、後に3台のコンセプトカー(EB118EB218およびEB18/3 シロン)のデザインも行っている。

アルティオーリは1993年にロータスゼネラルモータースから買収するなど過大な投資のために財政が破綻、1995年に倒産した。それに伴いEB110の生産も終了、総生産台数は154台であった。

その後ブガッティの技術者たちはパガーニ・アウトモビリを設立、1999年パガーニ・ゾンダを発売している。

フォルクスワーゲン傘下のブランドに[編集]

1998年にブガッティ・アウトモビリSpAからフォルクスワーゲンAGが商標権を買い上げ、ブガッティ・オトモビルを設立。フランスのアルザスに本社を置いた。

コレクション[編集]

フランス東部のミュルーズにある国立自動車博物館(Musée National de l'Automobile de Mulhouse )では、世界最大規模である約100台以上のブガッティを収蔵している。これらは当初この地で繊維工場を営んでいたシュルンプ兄弟の私的なコレクションとして1960年代以降に収集されたものである。1977年、繊維産業の不況に伴う従業員解雇に端を発する工場労働者の暴動が起こりシュルンプはスイスに逃亡、コレクションは労働組合の手に渡った。その後1981年、フランスの国営団体に譲渡されて現在に至っている[2]

脚注[編集]

  1. ^ 名車列伝 - ブガッティ EB110 Gazoo.com による解説と諸元表
  2. ^ History - Musée National de l'Automobile de Mulhouse フランス国立自動車博物館(英語)

外部リンク[編集]