棒高跳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
棒高跳

棒高跳(ぼうたかとび)は、陸上競技跳躍競技に属する種目で、ポールの反発力を使って高く跳ぶ能力を競う競技。使用されるポールは長く、しなやかな材質のものが用いられ、同じような跳躍競技である走高跳よりも格段に高い記録が出る。

なお、棒高跳は跳躍競技に含まれるが、走幅跳(Long Jump)、走高跳(High Jump)のような「ジャンプ」とは呼ばず、「手で棒を用いて飛び越える」というスタイルから、英語ではPole Vault(ポウル・ボールト)と表記され、競技者も「ジャンパー」ではなく「ボールター」と呼ばれる。

陸上競技における正しい表記は棒高跳であるが、学校教育や新聞記事など陸上競技関係者以外が多く関わる場面では棒高跳びと表記されることもある。

女子は1993年以降の記録を日本記録として公認している[1]

オリンピックでは、男子は1896年の第1回アテネオリンピックから、女子は2000年シドニーオリンピックから正式種目となった。

ルール[編集]

  • 競技者が4人以上残っている場合、試技開始の合図があってから、1分以内に試技を開始しなければならない。
  • 自分のポールを使って良い。私物のポールは所有者の同意がなければ使用できない。
  • ポールの材質・長さ・太さは任意だが、表面は滑らかでなければならない。
  • ポールより高く跳んで構わない。
  • バーを越えずに、体の部分やポールがボックスの垂直面の前方の地面や着地場所に触れた時に、無効試技となる。

ポールの材質[編集]

初期の頃は木製ポールが使われていたが、弾力性に乏しく記録の大幅な向上は見られなかった。

その後、柔軟性を確保できる竹製が普及し、竹が簡単に手に入る日本では1936年のベルリン・オリンピックでメダルを獲得した西田修平大江季雄をはじめ、トップレベルの選手を輩出するなど棒高跳びが盛んになった。

その後も材質の変遷は進み、金属製を経て、現在はガラス繊維強化プラスチック製や炭素繊維強化プラスチック製のポールが使われ、記録も大幅に伸びるようになった。

世界歴代10傑[編集]

棒高跳の跳躍の様子

男子 屋外
記録 氏名 国籍 日付
1 6m14 セルゲイ・ブブカ ウクライナの旗 ウクライナ 1994年7月31日
2 6m05 マクシム・タラソフ ロシアの旗 ロシア 1999年6月16日
ドミトリー・マルコフ オーストラリアの旗 オーストラリア 2001年8月9日
4 6m04 ブラッド・ウォーカー アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 2008年6月8日
5 6m03 Okkert Brits 南アフリカ共和国の旗 南アフリカ共和国 1995年8月18日
ジェフ・ハートウィグ アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 2000年6月14日
7 6m02 ルノー・ラビレニ フランスの旗 フランス 2013年7月27日
8 6m01 イゴール・トランデンコフ ロシアの旗 ロシア 1996年7月4日
ティモシー・マック アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 2004年9月18日
エフゲニー・ルキャネンコ ロシアの旗 ロシア 2008年7月1日
ビョルン・オットー ドイツの旗 ドイツ 2012年9月5日
男子 室内
記録 氏名 国籍 日付
1 6m16 ルノー・ラビレニ フランスの旗 フランス 2014年2月15日
2 6m15 セルゲイ・ブブカ ウクライナの旗 ウクライナ 1993年2月21日
3 6m06 スティーブン・フッカー オーストラリアの旗 オーストラリア 2009年2月7日
4 6m02 ロディオン・ガタウリン ロシアの旗 ロシア 1989年2月4日
ジェフ・ハートウィグ アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 2002年3月10日
6 6m00 マクシム・タラソフ ロシアの旗 ロシア 1999年2月5日
ジャン・ガルフィオン フランスの旗 フランス 1999年3月6日
ダニー・エッカー ドイツの旗 ドイツ 2001年2月11日
9 5m96 ローレンス・ジョンソン アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 2001年3月3日
10 5m95 ティム・ロビンガー ドイツの旗 ドイツ 2000年2月18日
女子 屋外
記録 氏名 国籍 日付
1 5m06 エレーナ・イシンバエワ ロシアの旗 ロシア 2009年8月28日
2 4m92 ジェニファー・サー アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 2008年7月6日
3 4m90 ヤリスレイ・シルバ英語版 キューバの旗 キューバ 2013年4月26日
4 4m88 スベトラーナ・フェオファノワ ロシアの旗 ロシア 2004年7月4日
5 4m85 ファビアナ・ムレル ブラジルの旗 ブラジル 2010年6月4日
6 4m83 ステーシー・ドラギラ アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 2004年6月8日
アンナ・ロゴフスカ ポーランドの旗 ポーランド 2005年8月26日
8 4m82 モニカ・ピレク英語版 ポーランドの旗 ポーランド 2007年9月22日
ジルケ・シュピーゲルブルク英語版 ドイツの旗 ドイツ 2012年7月21日
10 4m80 マルティナ・スタルツ英語版 ドイツの旗 ドイツ 2011年8月30日
女子 室内
記録 氏名 国籍 日付
1 5m02 ジェニファー・サー アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 2013年3月2日
2 5m01 エレーナ・イシンバエワ ロシアの旗 ロシア 2012年2月23日
3 4m87 Holly Bleasdale イギリスの旗 イギリス 2012年1月21日
4 4m85 スベトラーナ・フェオファノワ ロシアの旗 ロシア 2004年2月22日
アンナ・ロゴフスカ ポーランドの旗 ポーランド 2011年3月6日
6 4m82 ファビアナ・ムレル ブラジルの旗 ブラジル 2010年2月20日
ヤリスレイ・シルバ キューバの旗 キューバ 2013年4月24日
8 4m81 ステーシー・ドラギラ アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 2004年3月6日
9 4m77 ジルケ・シュピーゲルブルク ドイツの旗 ドイツ 2012年1月15日
10 4m76 モニカ・ピレク ポーランドの旗 ポーランド 2006年2月12日

エリア記録[編集]

男子 屋外
エリア 記録 氏名 国籍 場所 日付
アフリカ 6m03 オッカート・ブリッツ英語版 南アフリカ共和国の旗 南アフリカ共和国 ケルン 1995年8月18日
アジア 5m90 グレゴリー・エゴロフ英語版 カザフスタンの旗 カザフスタン シュトゥットガルト 1993年8月19日
北アメリカ 6m04 ブラッド・ウォーカー アメリカ合衆国の旗 アメリカ ユージーン 2008年6月8日
南アメリカ 5m83 チアゴ・ブラス・ダ・シウヴァ英語版 ブラジルの旗 ブラジル カルタヘナ 2013年7月5日
ヨーロッパ 6m14 A セルゲイ・ブブカ ウクライナの旗 ウクライナ セストリエーレ 1994年7月14日
オセアニア 6m05 ドミトリー・マルコフ オーストラリアの旗 オーストラリア エドモントン 2001年8月9日
女子 屋外
エリア 記録 氏名 国籍 場所 日付
アフリカ 4m42 Elmarie Gerryts 南アフリカ共和国の旗 南アフリカ共和国 ヴェーゼル英語版 2000年6月12日
アジア 4m65 李玲英語版 中華人民共和国の旗 中華人民共和国 上海 2013年9月8日
北アメリカ 4m92 ジェニファー・サー アメリカ合衆国の旗 アメリカ ユージーン 2008年7月6日
南アメリカ 4m85 ファビアナ・ムレル ブラジルの旗 ブラジル サン・フェルナンド 2010年6月4日
ヨーロッパ 5m06 エレーナ・イシンバエワ ロシアの旗 ロシア チューリッヒ 2009年8月28日
オセアニア 4m65 キム・ホウ英語版 オーストラリアの旗 オーストラリア ザウルハイム英語版 2007年6月30日

ジュニア世界記録[編集]

男子 屋外
記録 氏名 所属 日付
1 5m80 マクシム・タラソフ ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦 1989年7月14日
ラファエル・ホルツデッペ ドイツの旗 ドイツ 2008年6月28日
女子 屋外
記録 氏名 所属 日付
1 4m58 Angelica Bengtsson英語版 スウェーデンの旗 スウェーデン 2012年7月5日

日本歴代10傑[編集]

男子 屋外
記録 氏名 所属 日付
1 5m83 澤野大地 ニシスポーツ 2005年5月3日
2 5m75 山本聖途 中京大学 2013年6月23日
3 5m71 小林史明 日体大AC 2002年7月21日
5 5m70 横山学 百十四銀行 2000年4月29日
5 5m70 荻田大樹 ミズノ 2013年4月20日
6 5m60 米倉照恭 ゼンリン 1996年5月6日
7 5m57 竹井秀行 ミキハウス 1994年7月16日
8 5m56 佐野浩之 ファースト 1992年5月16日
9 5m55 橋岡利行 筑波大学 1986年10月14日
9 5m55 鈴木崇文 東海大学 2009年5月3日
女子 屋外
記録 氏名 所属 日付
1 4m40 我孫子智美 滋賀レイクスターズ 2012年6月9日
2 4m36 錦織育子 三慶サービス 2006年4月29日
3 4m35 近藤高代 長谷川体育施設 2004年5月29日
4 4m31 中野真実 三観陸協 2004年5月5日
5 4m23 仲田愛 鹿屋体育大学 2010年9月18日
6 4m21 小野真澄 札幌陸協 2003年6月6日
7 4m15 今野美穂 トーエル 2014年5月5日
8 4m10 南野弥生 北海道札幌手稲高等学校 2003年10月7日
8 4m10 前田朋子 中京大クラブ 2007年10月7日
8 4m10 住石智子 新日鉄君津 2012年6月9日
8 4m10 青島綾子 日本体育大学 2012年7月15日
8 4m10 竜田夏苗 武庫川女子大学 2013年4月14日

日本人各種記録[編集]

男子 屋外
記録 氏名 所属 日付
学生 5m75 山本聖途 中京大学 2013年6月23日
Jr日本 5m50 澤野大地 日本大学 1999年9月10日
高校 5m41 笹瀬弘樹 浜松市立高等学校 2007年8月5日
中学 4m92 笹瀬弘樹 新居町立新居中学校 2004年10月17日
女子 屋外
記録 氏名 所属 日付
学生 4m15 我孫子智美 同志社大学 2008年5月9日
Jr日本 4m10 南野弥生 北海道札幌手稲高等学校 2003年10月27日
高校 4m10 南野弥生 北海道札幌手稲高等学校 2003年10月27日
中学 3m71 小田嶋怜美 浜松市立天竜中学校 2008年3月31日

五輪・世界選手権における日本人入賞者[編集]

大会 開催国 選手名 成績 記録
1928 第9回オリンピック競技大会(アムステルダム) オランダの旗 オランダ 中沢米太郎 6位 3m90
1932 第10回オリンピック競技大会(ロサンゼルス) アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 西田修平 2位 4m30
1932 第10回オリンピック競技大会(ロサンゼルス) アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 望月倭夫 5位 4m00
1936 第11回オリンピック競技大会(ベルリン) ナチス・ドイツの旗 ドイツ国 西田修平 2位 4m25
1936 第11回オリンピック競技大会(ベルリン) ナチス・ドイツの旗 ドイツ国 大江季雄 3位 4m25
1936 第11回オリンピック競技大会(ベルリン) ナチス・ドイツの旗 ドイツ国 安達清 6位 4m00
1952 第15回オリンピック競技大会(ヘルシンキ) フィンランドの旗 フィンランド 沢田文吉 6位 4m20
2005 第10回世界陸上競技選手権大会(ヘルシンキ) フィンランドの旗 フィンランド 澤野大地 8位 5m50
2013 第14回世界陸上競技選手権大会(モスクワ) ロシアの旗 ロシア 山本聖途 6位 5m75
  • 1928年アムステルダムオリンピックで中沢米太郎が6位入賞したのが、この種目で日本人選手最初の入賞者となった。1932年ロサンゼルスオリンピックで西田修平が2位となり、この種目で初のメダリストとなっている。

脚注[編集]

  1. ^ 陸上競技マガジン1999年記録集計号329p

関連項目[編集]

外部リンク[編集]