セルゲイ・ブブカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
セルゲイ・ブブカ Portal:陸上競技
Sergei Bubka.jpg
セルゲイ・ブブカ(2007年)
選手情報
フルネーム Sergey Nazarovich Bubka
愛称 鳥人
国籍 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦ウクライナの旗 ウクライナ
種目 棒高跳
生年月日 1963年12月4日(50歳)
生誕地 ウクライナルハンシク
身長 183cm
体重 80kg
自己ベスト 棒高跳 : 屋外6m14cm(1994年)棒高跳:室内6m15cm(1993年)
 
獲得メダル
男子 陸上競技
オリンピック
1988 ソウル 棒高跳
世界陸上競技選手権大会
1983 ヘルシンキ 棒高跳
1987 ローマ 棒高跳
1991 東京 棒高跳
1993 シュトゥットガルト 棒高跳
1995 イェーテボリ 棒高跳
1997 アテネ 棒高跳
編集 テンプレートのヘルプを表示する

セルゲイ・ブブカウクライナ語 Сергі́й Наза́рович Бу́бка, 英語 Sergey Bubka, 1963年12月4日 - )はウクライナ出身の元陸上競技選手。男子棒高跳の屋外の世界記録保持者。「鳥人」と呼ばれた。

経歴・人物[編集]

10歳で棒高跳を始め、ソビエト連邦の支援のもと幾度となく世界記録を塗り替える。現役選手時代に世界記録を35回(屋外17回・室内18回)更新している[1]

1985年7月13日に世界で初めて6mを突破したのちも記録を更新。彼が保持している世界記録は屋外の6m14cmである。室内の世界記録であり屋外室内合わせた世界最高記録だった6m15cmはフランスルノー・ラビレニが2014年2月15日に6m16cmをクリアしたことによって破られた。

日本国内屋外外国人選手最高記録(6m13cm)保持者でもある。Sports Illustratedによると1984年時点で100m10秒3、走幅跳25.7フィート(約7m83)の自己記録を持っていたとされる[2]

世界陸上では、第1回ヘルシンキ大会から第6回アテネ大会まで6連覇という偉業を果たす。

オリンピックとの相性は悪かった。

2000年シドニーオリンピックを最後に競技生活を引退。引退後は、故郷ウクライナに「ブブカ・スポーツクラブ」を設立したほか孤児施設に通うなど、貧困下で慈善活動をおこなっている。2000年9月、IOC理事に選出、2012年の再選を受けて4期目を務めている[3][4]2005年よりウクライナオリンピック委員会会長も務めている[5]。2007年8月よりIAAFの副会長を務め、2011年に再選を受けて2期目を務めている[6]

次男のセルゲイ・ブブカ・ジュニアテニスプレーヤーで、2009年島津全日本室内テニス選手権大会に優勝している。

脚注[編集]

  1. ^ Bubka says farewell BBC (2001-02-04). 2013年3月9日閲覧
  2. ^ Craig Neff (1984-02-20). A High-handed Approach Sports Illustrated. 2013年3月9日閲覧
  3. ^ 読売新聞 2000年9月30日東京夕刊 p.6
  4. ^ 毎日新聞 2012年7月27日東京朝刊 p.15
  5. ^ 読売新聞 2005年6月24日東京夕刊 p.3
  6. ^ 読売新聞 2007年8月22日東京夕刊 p.3

外部リンク[編集]