50メートル競走

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

50メートル競走(ごじゅうメートルきょうそう)は、50メートルをいかに短い時間で走るかを競う陸上競技トラック競技で、短距離走に分類されるが正式種目ではない。また、この種目は学校等において、授業や体力テスト、新体力テスト等にも頻繁に実施される種目である。陸上関係者の間では50m(50メートル)50と略される場合がほとんどである。また、小学校中学校高等学校運動会体育祭、体力測定などでは50メートル走と呼ばれることもある。この種目は記録自体を重視するというよりも、計測時のコンディションを把握するという点で大きな指標となるものでもある。

室内記録[編集]

男子[1]
記録 タイム 名前 所属 場所 日付
世界 5秒56A ドノバン・ベイリー カナダの旗 カナダ アメリカ合衆国の旗 リノ 1996年2月9日
アフリカ英語版 5秒61 デジ・アリウ英語版 ナイジェリアの旗 ナイジェリア フランスの旗 リエヴァン 1999年2月21日
アジア 5秒69+ ゲンナジー・チェルノヴォル カザフスタンの旗 カザフスタン フランスの旗 リエヴァン 2002年2月24日
ヨーロッパ 5秒61 マンフレート・ココット英語版 東ドイツの旗 東ドイツ 東ドイツの旗 東ベルリン 1973年2月4日
5秒61+ ジェイソン・ガードナー イギリスの旗 イギリス スペインの旗 マドリード 2000年2月16日
北中米カリブ 5秒56A ドノバン・ベイリー カナダの旗 カナダ アメリカ合衆国の旗 リノ 1996年2月9日
5秒56[注 1] モーリス・グリーン アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 アメリカ合衆国の旗 ロサンゼルス 1999年2月13日
日本 5秒75+ 朝原宣治 大阪ガス フランスの旗 リエヴァン 2002年2月24日
女子[3]
記録 タイム 名前 所属 場所 日付
世界 5秒96+ イリーナ・プリワロワ ロシアの旗 ロシア スペインの旗 マドリード 1995年2月9日
アフリカ英語版 6秒04+ チオマ・アジュンワ ナイジェリアの旗 ナイジェリア フランスの旗 リエヴァン 1998年2月22日
アジア 6秒31+ スサンティカ・ジャヤシンゲ スリランカの旗 スリランカ フランスの旗 リエヴァン 2001年2月25日
南米英語版 6秒31 ジェニファー・イニス ガイアナの旗 ガイアナ アメリカ合衆国の旗 デイリーシティ 1983年2月11日
ヨーロッパ 5秒96+ イリーナ・プリワロワ ロシアの旗 ロシア スペインの旗 マドリード 1995年2月9日
北中米カリブ 6秒00 マリーン・オッティ ジャマイカの旗 ジャマイカ ロシアの旗 モスクワ 1994年2月4日
オセアニア英語版 6秒3 パム・キルボーン オーストラリアの旗 オーストラリア カナダの旗 トロント 1965年1月29日
日本 6秒47 小西恵美子 烏山女高教員 日本の旗 神戸 1985年3月9日

参考[編集]

日本における児童、生徒の標準的な記録は小学校(6歳)の男子で11.57秒、女子で11.94秒、高校生(15歳)の男子で7.51秒、女子で8.98秒であった。平均からして、年々タイムが遅くなっている。また、クラスまたは学年の1番速い人達のタイムは、小、中、高問わず、だいたい速くなっている傾向があるが、下位の人達は、遅くなっている場合が殆どで、上位と下位の記録の格差が大きくなっている[4]

日本の他のスポーツ選手の中には陸上選手の記録と同等以上の記録が報道される選手が存在するが、これらは陸上競技のルールに則った適切な状況下での計測事例でないため、陸上競技記録との単純な比較は無意味である。

注釈[編集]

  1. ^ ドーピング検査が行われていない、または不十分なため、世界記録として公認されていない[2]

脚注[編集]

関連項目[編集]

リンク[編集]