屋根付橋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ローズマン・ブリッジは映画マディソン郡の橋の舞台となった

屋根付橋(やねつきばし、Covered bridge)とは、屋根の付けられたのことである。世界的に広く存在し、英語読みの「カバードブリッジ」、あるいは「幌付き橋」、「有蓋橋」ともいう。

構造[編集]

初期の橋は主に木製であり、特に木材資源の豊富な場所では尚更であった。木製の橋は外周から芯に向かって短期間で傷み、環境にもよるが9年程度の寿命である。上部に屋根を設置することにより構成要素を保護し、寿命を80年以上に延ばせることもある。

屋根付橋はほとんどの場合トラス構造をしたトラス橋であり、単純構造のブラウン・トラスが選ばれることが多いが、その他のトラスも使われている。現在では鉄、コンクリート、その他の建材が利用出来るので、建材の保護の為と言うよりも、利用者の利便性のため、あるいはデザインの為に屋根付橋 が建造されることが多い。

世界各地の屋根付橋[編集]

アジア[編集]

中国西南部の少数民族・トン族が築いた屋根付橋

日本[編集]

日本書紀に残る記述[編集]

日本書紀には、612年路子工御所の庭に、欄干、屋根付きの唐風の橋(呉橋)を作ったという記録がある[1]

愛媛県南部における屋根付橋[編集]

愛媛県南予地方のうち、喜多郡内子町大洲市のうち旧喜多郡河辺村などには、木造の屋根付橋が現存している。小河川に架けられているもので、農道として使用されていた道につけられており、歩行者専用である。幅員は2メートル程度、長さも5-10メートル程度のものが多いが、なかには長いものもある。かつては、生活道路としてだけでなく、農作物の保管場所などとして使用していたものであるが、今日では、かつての農村風景をとどめる産業遺産の1つとして、多くは地域の人々の手により、管理・保存されている。なかには、復元されたものもある。

河辺(大洲市)
屋根付橋が8つ現存し、「浪漫八橋」としてPRされている。かつては、地元の関係者のみ知っているような存在であったが、小説『マディソン郡の橋』が発表されると、似たような外観をしていることから、密かなブームとなり、訪れる人も増えた。とはいえ、河辺は肱川の支流の1つの上流をさかのぼった奥地にあり、訪れるには十分時間をみておく必要がある。ほとんどは、県道に沿って流れる川に架かっており、目に入りやすいが、一部、場所がわかりづらいものもある。
  1. 御幸の橋
    1773年(安永2年)創建 1970年(昭和45年)愛媛県指定民俗文化財、日本百名橋
  2. 三嶋橋
    1923年(大正12年)
  3. 豊年橋
    1951年 (昭和26年)
  4. 帯江橋
    1952年(昭和27年)
  5. 龍神橋
    平成2年 三杯谷の滝開発事業時整備
  6. ふれあい橋
    平成4年 観光用に架設されたもの
  7. 龍王橋
    平成9年
  8. 秋滝橋
    平成9年
内子町
喜多郡内子町の石畳地区へと向かう県道沿いにも屋根付橋が3つ現存する。田丸橋は昔の姿をのこしつつ、杉皮ぶきの屋根を持ち、長さ15メートルにも及ぶ。県道からよく見える場所にあり、町の文化財にも指定されている。同橋は1944年(昭和19年)の建造と伝えられ、2002年「土木学会選奨土木遺産」として認定され、橋のたもとに碑が設置されている。NHKスペシャルドラマ『坂の上の雲』のロケ地の1つともなった。
内子町(旧:内子町)にはかつて10を超える屋根付橋があったといわれるが、洪水による破壊・流失、利用が少なくなったことによる関心の低下などにより、次第に数は減り、今日では3橋のみ残っている。なお、この田丸橋は地域住民により保存会がつくられ、住民自身の手で復元されたものであり、大切に管理されている。
国道56号沿いの伊予市との境界近くにもやや大きめの橋がある。これは復元されたもの。
  1. 田丸橋
    1944年(昭和19年)泥橋を屋根付きとして改築 町指定の有形民俗文化財
  2. 下宮橋
    1994年(平成6年)築造
  3. 弓削神社の橋
    弓削神社にあり太鼓橋ともよばれる。神社創建は室町時代の応永3年(1396年) 町の名勝、日本百名橋
西予市
  1. 偃月橋または竜門橋
    1849年(嘉永2年)建造、新四国曼荼羅霊場51番の禹門山竜沢寺(龍澤寺)、参道にかかる橋
  2. 合良橋
    1990年(平成2年)改築

ヨーロッパ[編集]

北アメリカ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 日本土木学会『日本土木史』1994年p1033
  2. ^ http://www.historicplaces.ca/en/rep-reg/place-lieu.aspx?id=7623&pid=0

参考書籍[編集]

  • 出田肇 『日本の屋根付橋 四国 奥伊予』 (発行:地域環境研究所)
詳しい実測図などが付記されている

外部リンク[編集]