エクストラドーズド橋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
トゥインクル・木曽川橋(最大支間長275m)

エクストラドーズド橋(エクストラドーズドきょう、extradosed bridge、大偏心外ケーブル)は、プレストレスト・コンクリート橋の形式のひとつで、主塔と斜材により主桁を支える外ケーブル構造による橋梁形式である。

特徴[編集]

通常、外ケーブルの構造では、外ケーブルは主桁内部に配置される。これに対し本形式では、主塔を設けて主桁上面にも外ケーブルを配置して斜材とし、これにより主桁を支える構造となっている。

外観的にはPC斜張橋に似ているが、本形式の挙動は吊り構造よりも一般の桁橋に近く、斜張橋に比べ主桁の剛性が大きくなっている。また、外観上の違いとしては、主塔が低く、斜材の角度が水平に近いことが特徴である。斜材の角度を小さくすることにより、変動荷重(主として交通荷重)による斜材の応力振幅を抑えることができる。したがって、斜張橋に比べ斜材の疲労強度が大きく、斜材の張力を大きく設定できることから、材料を軽減しコストダウンを図ることができる。一般には、支間200m以下の場合、コスト面で斜張橋より本形式が有利である。

特殊形状として、上部に飛び出したケーブルをコンクリートで固めるフィンバック構造、あるいは、桁下部にケーブルが飛び出した構造なども施工されている。

歴史[編集]

小田原ブルーウェイブリッジ
徳之山八徳橋
日本・パラオ友好の橋

1994年小田原ブルーウェイブリッジが世界初とされている。また2000年にはフィンバック構造の鳴瀬川橋梁、2001年には北海道森町の望景橋では、偏心ケーブルが橋梁下部に飛び出す工法なども施工されている。

脚注[編集]

  1. ^ “県、補修費3億円計上 雪沢大橋ケーブル破断 架設完了前から損傷”. 北鹿新聞. (2011年12月10日). http://www.hokuroku.co.jp/thismonth/20111210.html 2011年12月25日閲覧。