ラファエル・モレノ・アランサディ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ピチーチ Football pictogram.svg
Busto a Pichichi en San Mamés.JPG
名前
本名 ラファエル・モレノ・アランサディ
愛称 ピチーチ
ラテン文字 Pichichi
基本情報
国籍 スペインの旗 スペイン
生年月日 1892年5月23日
出身地 ビルバオ
没年月日 1922年3月1日(満29歳没)
身長 154cm
選手情報
ポジション FW
代表歴
1920 スペインの旗 スペイン 5 (1)
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ピチーチPichichi)ことラファエル・モレノ・アランサディRafael Moreno Aranzadi, 1892年5月23日 - 1922年3月1日)は、スペインビルバオ出身の元サッカー選手スペイン代表である。ポジションはFW

リーガ・エスパニョーラの得点王に与えられるピチーチ賞は彼に由来する。

経歴[編集]

ビスカヤ県ビルバオに生まれた。1911年から1921年までアスレティック・ビルバオに所属した。彼は常に白いヘッドギアを着けた。1913年のラシン・クラブ・イルンとのコパ・デル・レイ決勝は0-1で敗れた。同年8月13日、レアル・ウニオンを招待してサン・マメスの開場式を行った。ピチーチはこの試合で最初の得点を挙げている。

コパ・デル・レイでは6度決勝に進出し、4度優勝した。1914年から1916年までは3連覇した。1915年の決勝、RCDエスパニョール戦はピチーチのハットトリックの活躍により5-0で勝利した。1920年には準優勝し、1921年には4度目の優勝を果たした。1920年、初めて結成されたスペイン代表に選出され、アントワープオリンピックに出場して銀メダルを勝ち取った。

1922年、彼が29歳の時、チフスに感染して死去した。1926年、サン・マメスに彼の功績をたたえた胸像が置かれた。サン・マメスに初めて訪れたチームは、彼に敬意を払って花束を胸像に捧げた。1953年、マルカ紙がピチーチ賞を創設した。この賞はプリメーラ・ディビシオンセグンダ・ディビシオンの得点王に与えられた。

所属クラブ[編集]

タイトル[編集]

外部リンク[編集]