フランシス・ベーコン (芸術家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フランシス・ベーコン
Reginald Grayによるフランシス・ベーコンのポートレイト(1960)
生誕 1909年10月28日
ダブリン
死去 1992年4月28日(83歳)
テンプレートを表示

フランシス・ベーコンFrancis Bacon1909年10月28日 - 1992年4月28日)は、20世紀アイルランドを代表する画家抽象絵画が全盛となった第二次世界大戦後の美術界において、具象絵画にこだわり続けた人物である。20世紀最も重要な画家の一人で、現代美術に多大な影響を与えた。

作品は大部分が激しくデフォルメされ、歪められ、あるいは大きな口を開けて叫ぶ奇怪な人間像であり、人間存在の根本にある不安を描き出したものと言われている。大きな口を開けて叫ぶ姿は、口を開けた状態の歯がたくさん載った写真集(歯医者向けのものと思われる)や、映画 『戦艦ポチョムキン』 の中で、銃で額を撃たれて叫ぶ老女の姿を参照している。

来歴[編集]

1909年、アイルランドのダブリンに生まれた[1]。父方を通じてニコラス・ベーコン準男爵下院議員哲学者フランシス・ベーコンの異母兄)の直系の子孫であると信じられている。[2]父親のエドワードはボーア戦争に従軍した退役軍人で、競走馬の訓練士であった。小児喘息の持病があったベーコンは正規の学校教育を受けず、個人授業を受けていた。美術教育も受けていない。

1926年頃から水彩素描を描き始めた。1927年から1928年までベルリン及びパリに滞在し、1929年からはロンドンで、家具設計、室内装飾などの仕事を始めた。油絵を始めるのもこの頃である。

1934年、ロンドンのサンダーランド・ハウスで初の個展を行う。しかし、ベーコンは1930年代から1940年代の自作を大部分破棄してしまった。

1944年から作画を再開し、1945年にはロンドンのルフェーヴル・ギャラリーで『キリスト磔刑図のための3つの習作』を発表している。

1949年には「頭部」シリーズの制作を始め、ロンドンのハノーヴァー画廊で個展を開いている。1950年から王立芸術大学(Royal College of Art)で後進の指導にもあたった。1954年にはヴェネツィア・ビエンナーレのイギリス館で展示しており、この頃から評価が定着する。

制作にあたっては、著名な過去の絵画や映画をモチーフにすることもあり、ベラスケスの 『教皇インノケンティウス10世の肖像』や、映画『戦艦ポチョムキン』 を元にして激しく変形した作品(映画『戦艦ポチョムキン』の中の保母のための習作)が知られる。

映像化[編集]

ベーコンの半生は、1998年に『愛の悪魔/フランシス・ベイコンの歪んだ肖像』 として映画化された。

参照[編集]

  1. ^ Bacon’s Youth by w:Hugh Lane Gallery
  2. ^ Peppiatt (1996), 4

参考文献[編集]

外部リンク[編集]