油絵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

油絵(あぶらえ)は、油絵具[1]で描画された絵画である。油絵には、油画(ユガ)、油彩画(ユサイガ)との呼称があり、日本でも伝統的に使用されてきた。また、中国などではもっぱら油画という語が使用される。なお、油絵は、油彩画より通俗的かつ一般的な用語である。

内容[編集]

何が支持体・基底材、下地であるかによって油絵が規定さることは稀であり、油絵具の他に水性絵具が使用された絵画も大半は油絵として認知される。塗膜の薄い絵画つまり薄塗りの絵画の場合や下層が水性絵具で描画された絵画の場合は、水性絵具の質量が油絵具の質量よりが大きいこともある。絵画における乾性油の使用の起源はテンペラ画の光沢を豊かにする、ワニスとしての使用に求めることが出来るのだが、最上層に乾性油を含むワニスを塗布したテンペラ画やアクリルで描いた絵を油絵とは呼ばない。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 油絵具は、乾性油若しくは乾性油を主要な固着成分とする媒材で、顔料を練り上げたものである。

参考文献[編集]

  • 『油彩画の技術 増補・アクリル画とビニル画 』 グザヴィエ・ド・ラングレ 著 黒江 光彦 訳 美術出版社 1974.01 ISBN 4568300304 ISBN 978-4568300307
  • 『黄金背景テンペラ画の技法―油絵の母胎、現代の手によみがえるルネッサンスの板絵技法 (新技法シリーズ) 』 田口 安男 著 美術出版社 1978.12 ASIN B000J8K7ME
  • 『絵画技術体系』 マックス・デルナー 著 ハンス・ゲルト・ミュラー 著(改訂) 佐藤一郎 訳 美術出版社 1980.10 ASIN: B000J840KE
  • 『絵画技術入門―テンペラ絵具と油絵具による混合技法 (新技法シリーズ) 』 佐藤 一郎 著 美術出版社 1988.11 ISBN 4568321468 ISBN 978-4568321463
  • 『絵画技術全書』 クルト・ヴェールテ(Kurt Wehlte) 著 ゲルマール・ヴェールテ(Germar Wehlte) 著 佐藤一郎 監修翻訳 戸川英夫 訳 真鍋 千絵 訳 美術出版社 1993.03 ISBN 4568300460
  • 『絵具の科学』 ホルベイン工業技術部編 中央公論美術出版社 1994.5(新装普及版) ISBN 480550286x
  • 『絵具材料ハンドブック』 ホルベイン工業技術部編 中央公論美術出版社 1997.4(新装普及版) ISBN 4805502878
  • 『カラー版 絵画表現のしくみ―技法と画材の小百科』森田 恒之監修 森田 恒之ほか執筆 美術出版社 2000.3 ISBN 4568300533