プレシジョニズム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Aucassin and Nicolette, 1921

プレシジョニズム(Precisionism, 精密派)とは、1920年代から1930年代にかけて、アメリカに存在した絵画の様式の名称。キュビスム的リアリズム(Cubo-Realism。クボ・リアリズムまたはキューボ・リアリズム)やイマキュラティズム(Immaculatism。清浄派または純潔派)と呼ばれることもある。

この様式に属する主要な画家は、

などである。

その作品の特徴は、人工的な風景(主として都市の風景や建築物(工場、倉庫、摩天楼など)、機械)を、キュビスムの影響を受けてやや抽象化しつつも(または、抽象化に適するような題材を選択して)、写実的な筆致で描写するもので、のちの、いわゆる「スーパーリアリズム」の作品へとも接続する。特に、チャールズ・シーラーは、写真作品も制作しており、自分の撮影した写真を手本に、絵画作品を制作することもしばしばあった。このことからもわかるように、プレシジョニズムは、グループf/64の一部に見られるようなタイプのストレートフォトグラフィ(自然風景を撮影したものではなく、人工的な風景を撮影した作品)との近接性を持っている。

アメリカにおける近代的な「イズム」のうち、オリジナルなものとしては、もっとも早く成立したものの1つであるといえる。

なお、確たるグループの名称ではないこともあり、その始まりと終わりには諸説ある。始まりについては、1915年1918年といった1910年代とする考えがあり、終わりについても、1930年には終わっていたとする説がある一方で、1941年頃まで続いているとする考え方もある。

参考文献[編集]

  • PRECISIONISM IN AMERICA 1915-1941: REORDERING REALITY(Gail Stavitsky, Harry N. Abrams社。1994年。ISBN: 0-8109-3734-4)

関連項目[編集]