シエナ派

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

シエナ派(イタリア語:Scuola senese、英語:Sienese School)は、ルネサンス期のイタリアにおいてシエナを中心に活動した画家群。 同時期のヴェネツィア派フィレンツェ派と並ぶ。

フィレンツェ派と較べると保守的で、後期ゴシック様式に傾倒した優雅で装飾的な画風が特色として挙げられる。その絵の中には、自然主義的なフィレンツェ派の絵とは異なる、神秘主義的な傾向が見受けられる。奇蹟を主な題材とし、時空は超現実的に歪曲し、それはしばしば夢のようで、彩色も非現実的である。

画家たち[編集]

関連項目[編集]