クリーブランド美術館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Japanese Map symbol (Museum) w.svg クリーブランド美術館
Cleveland Museum of Art South View.JPG
クリーブランド美術館の南正面
施設情報
収蔵作品数 70,000
開館 1913年(公式開館は1916年)
所在地
11150 East Boulevard Cleveland, Ohio 44106
ウェブサイト 公式ウェブサイト
プロジェクト:GLAM
テンプレートを表示

クリーブランド美術館 (Cleveland Museum of Art) は、アメリカ合衆国オハイオ州クリーブランド市にある全米有数の規模の総合美術館。クリーブランド市東部の文教地区ユニバーシティ・サークルにあり、収蔵点数は70,000点、展示室の数は70を数える。

概要[編集]

1913年に開設され、コロンブス来航以前アメリカ大陸中世ヨーロッパ日本中国韓国など東洋美術、印象派など近代美術から現代美術までの大コレクションを持つ。また大きな美術図書館パフォーマンス・アートのための舞台、レストランなどがある。音楽コンサート映画上映、講義なども開催される。美術館への入場料は無料。

実業家ほか市民の発起で建設された美術館の本館は1916年に竣工し(設計:Hubbell and Benes)、1958年1971年1983年に増築を行った(1971年の増築はマルセル・ブロイヤーの設計による)。来客や収蔵品の増加に対処するため、さらに20万平方フィート(18,580平方m)の増築工事がラファエル・ヴィニオリの設計で進行中で、完成は2011年を予定している(一部は2008年に先行オープン)。また2006年1月から2006年10月まで一時閉館し、大規模なリノベーション工事を行い、その間に東京や北京、ミュンヘン、ロサンゼルスなどへの所蔵作品の巡回展を企画した。

玄関部分拡大

コレクション[編集]

美術館の玄関前には、開館直後の1917年に美術館に寄付されたオーギュスト・ロダンの『考える人』の拡大されたバージョンがある。この像はロダンが生前最後に鋳造を直接指揮した作品のひとつであるが、1970年に抗議者により破壊行為を受け一部損傷した。しかしロダンが直接鋳造に立ち会ったことを鑑みて、手を加えないために補修はされていない。

2004年6月、美術館は古代ギリシャブロンズ像、『アポロ・サウロクトノス』(トカゲを殺すアポロン)を入手した。この像はアテネのプラクシテレスによるオリジナルとみられるが、来歴などはよく分かっておらず、ローマ時代の模刻ではないかという見方もあり、美術館による研究が続いている。2011年、この作品は西暦前350年から西暦前250年のものであると発表された。[1]

また日本美術のコレクションは、古代から江戸、近代にまで及び、ボストン美術館メトロポリタン美術館に匹敵する全米屈指の規模と質を誇る。

ギャラリー[編集]

参照[編集]

外部リンク[編集]