アバンギャルド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アヴァンギャルド(avant-garde)とは、前衛芸術(または前衛美術)のことである。

元は、フランス語で前衛部隊の意味であるこの語(英語ではadvance guard)は、芸術の文脈において、文化の発展において最先端に立つ芸術家を指したとされる。美術映画音楽演劇舞踏文学など、それぞれの分野にアバンギャルドと呼ばれる表現者が存在する。

ただし軍事用語を引用したことからもわかるとおり、「何か(旧世代に属する芸術、保守的な権威資本主義体制など、様々なもの)への攻撃の先頭に立つ」というような、政治的ニュアンスを含んだ言葉でもある。このような意味での最初の使用例はアンリ・ド・サン=シモン1825年の著作とされている。特にロシア革命前後に起こったロシア・アヴァンギャルドは、革命を象徴する芸術活動として活発な活動を行った。前衛美術では、シュールレアリズム抽象絵画を指す場合が多い。また、映画では若松孝二大島渚寺山修司。音楽の分野では、ピエール・ブーレーズフランク・ザッパルー・リードキャプテン・ビーフハートカールハインツ・シュトックハウゼンジョン・ケージなどが、アバンギャルドな表現者としてよく知られている。

1960年代がアバンギャルドの全盛期であった。保守化が目立った1980年代には前衛が古いというような風潮が見られたが、21世紀に入ってから再評価され、復活してきている。

前衛美術の例(日本)[編集]

関連項目[編集]