ジョヴァンニ・バッティスタ・ティエポロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョヴァンニ・バッティスタ・ティエポロ
ティエポロ画『マンドリンを持つ女』
生誕 Giambattista Tiepolo
1696年3月5日
ヴェネツィア
死没 1770年3月27日(74歳)
マドリード

ジョヴァンニ・バッティスタ・ティエポロGiovanni Battista Tiepolo, 1696年3月5日 - 1770年3月27日)は、ルネサンス最後期のイタリア画家。本名はジャンバッティスタ・ティエポロ(Giambattista Tiepolo)。彼は18世紀のイタリアを代表する偉大な画家であり、ルネサンス期の美術絵画の伝統を締めくくる最後の巨匠である。

生涯[編集]

1696年3月5日、ヴェネツィアに生まれる。6人兄弟の末っ子で、父親は船乗りであった。徒弟時代は歴史画の大家の一人であるグレゴリオ・ラッザリーニに師事するが、セバスティアーノ・リッチジョヴァンニ・バッティスタ・ピアッツェッタの影響を強く受けた。1719年にフランチェスコ・グアルディの姉妹と結婚している。

ティエポロは稀代のフレスコ画の名手であり、瑞々しく壮麗な作風は底抜けに明るくきらびやかである。宮殿や貴族の館を彩る天井画は下方から見上げる仰視法を取り入れ、イリュージョンの効果を完璧なものとしている。

1770年3月27日、マドリードで死去。バロック的な躍動感とロロコ的な優美な装飾性を兼ね備えていた画風は、生前はヨーロッパ全土で名声の極みを迎えたが、没後、台頭してきた新古典主義は甘美な装飾性を否定するものであったため、彼の評価も急速に下降した。

彼の息子ジョヴァンニ・ドメニコ・ティエポロロレンツォ・バルディッセーラ・ティエポロも画家である。

代表作[編集]

『クレオパトラの饗宴』
  • ロレートの聖家の奇蹟(Volo della Casa cerso Loreto) 1743-1745年頃
  • 天井画 オリュンポス山と四大陸の寓意(ドイツ、ヴュルツブルク司教館)
  • 太陽神の凱旋車の疾走(1740)(ミラノ、パラッツオ・クレリチ)
  • ヴィーナスと時の寓意(ロンドン、ナショナルギャラリー)

外部リンク[編集]