ジョン・ウィリアム・ウォーターハウス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョン・ウィリアム・ウォーターハウス
John William Waterhous
1908年-09年に撮影
生誕 1849年4月6日
Flag of the Papal States (1808-1870).svg 教皇領ローマ
死去 1917年2月10日(67歳)
イギリスの旗 イギリスロンドン
国籍 イギリスの旗 イギリス
芸術動向 ラファエル前派
代表作
シャロットの女、人魚
テンプレートを表示

ジョン・ウィリアム・ウォーターハウスJohn William Waterhouse, 1849年4月6日 - 1917年2月10日)は、イギリス画家神話文学作品に登場する女性を題材にしたことで知られる。

生涯[編集]

眠りと異母兄弟の死
"Sleep and his Half-brother Death"

1849年、ウィリアム・ウォーターハウスと妻イザベラの子として、ローマに生まれる。両親共に画家であった。一家は、ジョンが5歳のときに、当時設立されたばかりのヴィクトリア&アルバート美術館の近くのサウス・ケンジントンに引っ越す。1870年英国王立美術院に入るまで、若かりし頃のジョンはずっと父・ウィリアムの元で学んでいた。

彼の初期の作品のテーマは、ローレンス・アルマ=タデマフレデリック・レイトンに影響を受けた古典的なものであった。また、これらの作品は英国王立美術院の英国芸術家協会とダドリー・ギャラリーに展示された。

1874年25歳のとき、ジョンは古典的な寓意画 『眠りと異母兄弟の死』を英国王立美術院の夏の展示会で発表する。[1]この絵はとても好評であったため、1917年に死去するまでほとんど毎年、彼は英国王立美術院の展示会に招かれた。

1883年、彼はロンドンイーリングの美術教師の娘エステル・ケンワージーと結婚する。エステル自身も絵を描き、花の絵を英国王立美術院の展示会などに出品している。この夫婦に子供はできなかった。

1895年、ジョンは英国王立美術院の最高芸術院会員に選ばれる。彼はセントジョーンズウッドの美術学校で教鞭を取り、同じ地の芸術クラブにも参加していた。また、英国王立美術院評議会の議員もしていた。

1917年に死去するまで絵を描き続けた彼は、今もロンドンのケンサル・グリーン墓地に眠る。[2]

代表作[編集]

シャロットの女

アーサー王物語の登場人物・騎士ランスロット(Lancelot)の愛を得られぬことを知った悲しみのあまりに死を選ぶ乙女を描いた作品、"シャロットの女" が、ウォーターハウスの最も有名な作品であろう。この乙女の題材は、実際にはそれぞれ異なる3種類のバージョンがある。

3種類のシャロットの女[編集]

他の作品[編集]

日本語文献[編集]

  • 『J・W・ウォーターハウス』 ピーター・トリッピ(曽根原美保訳、ファイドン、2006年)
  • 『J・W・Waterhouse』 (トレヴィル、1994年)、42作品を紹介

参照[編集]

  1. ^ Trippi, Peter; Prettejohn, Elizabeth; Upstone, Robert. J.M. Waterhouse: The Modern Pre-Raphaelite Gallery Guide. The Royal Academy of Art. 2009.
  2. ^ ジョン・ウィリアム・ウォーターハウス - Find a Grave(英語)

外部リンク[編集]