イーヴリン・ド・モーガン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イーヴリン・ド・モーガン
Evelyn De Morgan
生誕 Evelyn Pickering
1855年8月30日
死没 1919年5月2日(63歳)
ロンドン
国籍 イギリスの旗 イギリス
運動・動向 ラファエル前派

イーヴリン・ド・モーガンEvelyn De Morgan, 1855年8月30日1919年5月2日)は、イギリスラファエル前派画家

経歴[編集]

旧姓はイーヴリン・ピカリングEvelyn Pickering)。両親ともに上位中流階級の出で、父パーシヴァル・ピカリングQC(勅選弁護士)はポンテフラクト(en:Pontefract)の刑事法院臨時裁判官。母アンナ・マリア・ウィルヘルミナ・スペンサー・スタンホープは美術家ジョン・ロダム・スペンサー・スタンホープ(en:John Roddam Spencer Stanhope)の姉妹で、ノーフォークのレスター伯トーマス・コークの子孫にあたる。

15歳の時、ホームスクーリングでスケッチのレッスンを受けはじめた。17歳の誕生日の朝、イーヴリンは日記にこう記している。「芸術は永遠、でも人生は短い……」。「今それを埋め合わせしよう。私には無駄な時間はない」。イーヴリンは美術学校に行かせてもらえるよう、両親を説得しだした。両親は最初それを拒んだが、1873年、ようやく許しを得て、イーヴリンはスレイド美術学校に入学することができた。叔父ジョン・ロダム・スペンサー・スタンホープも画家で、イーヴリンに多大な影響を与えた。イーヴリンは叔父の住んでいたフィレンツェをたびたび訪れたが、そこでルネサンスの巨匠たちを研究することもできた。ことにイーヴリンが愛したのはサンドロ・ボッティチェッリだった。その影響でイーヴリンはスレイド美術学校が好む古典的なテーマから離れ、彼女独自のスタイルを作ることになった。

1887年に、イーヴリンは陶芸家のウィリアム・ド・モーガン(en:William De Morgan)と結婚し、ロンドンで暮らした。1917年に夫が先立ち、その2年後の1919年5月2日、イーヴリンはロンドンで亡くなった。遺体はサリー州ウォキング近郊のブロックウッド墓地に葬られた。 [1]

作品[編集]

『ナクソス島のアリアドネ』1877年
『嵐の聖霊』1900年
『フローラ』1894年
  • 『トビアスと天使』 Tobias and the Angel(1875年)
  • Cadmus and Harmonia(1877年)ロンドン、De Morgan Centre
  • 『ナクソス島のアリアドネ』 Ariadne at Naxos(1877年)De Morgan Centre
  • 『夜と眠り』 Night & Sleep(1878年)
  • Goddess of Blossoms & Flowers(1880年)
  • The Grey Sisters(1880 - 1881年)De Morgan Centre
  • Phosphorus and Hesperus(1882年)De Morgan Centre
  • By the Waters of Babylon''(1882 - 1883年)De Morgan Centre
  • Sleep and Death, the Children of the Night(1883年)De Morgan Centre
  • Salutation or The Visitation(1883年)
  • Love's Passing(1883 - 1884年)De Morgan Centre
  • Dryad(1884 - 1885年)De Morgan Centre
  • Luna(1885年)De Morgan Centre
  • The Sea Maidens(1885 - 1886年)De Morgan Centre
  • Hope in a Prison of Despair''(1887年)
  • The Soul's Prison House''(1888年)De Morgan Centre
  • Love, the Misleader''(1889年)私蔵
  • 『メディア』 Medea''(1889年)バークンヘッド、Williamson Art Gallery
  • 『死の天使』Angel of Death''(1890年)私蔵
  • The Garden of Opportunity(1892年)De Morgan Centre
  • Life and Thought Emerging from the Tomb''(1893年)リヴァプール、ウォーカー美術館
  • 『フローラ』Flora(1894年)De Morgan Centre
  • 『エオス』 Eos(1895年)De Morgan Centre
  • Lux in Tenebris(1895年)De Morgan Centre
  • Boreas and Oreithyia(1896年)De Morgan Centre
  • Earthbound''(1897年)De Morgan Centre
  • 『死の天使』 Angel of Death''(1897年)私蔵
  • 『ヘレネー』 Helen of Troy''(1898年)
  • 『カッサンドラー』 Cassandra''(1898年)De Morgan Centre
  • The Valley of Shadows(1899年)De Morgan Centre
  • 『嵐の精霊』 The Storm Spirits(1900年)De Morgan Centre
  • The Poor Man who Saved the City(1901年)De Morgan Centre
  • The Love Potion(1903年)
  • The Cadence of Autumn(1905年)De Morgan Centre
  • 『アリエノール・ダキテーヌとフェア・ロザムンド』 Queen Eleanor & Fair Rosamund(1905年)De Morgan Centre
  • Death of a Butterfly(1905年頃 - 1910年)De Morgan Centre
  • Demeter Mourning for Persephone(1906年)De Morgan Centre
  • 『嵐の後の港』 Port after Stormy Seas(1905年)De Morgan Centre
  • The Hour-Glass(1905年) De Morgan Centre
  • The Prisoner(1907年)De Morgan Centre
  • Our Lady of Peace(1907年)De Morgan Centre
  • 『富の崇拝』 The Worship of Mammon(1909年)De Morgan Centre
  • 『ドラゴンの死』 Death of the Dragon(1914年)De Morgan Centre
  • The Vision(1914年)私蔵
  • The Red Cross(1918年)De Morgan Centre
  • The Gilded Cage(1919年)De Morgan Centre
  • Undiscovered Country
  • Deianera(不明)
  • The Kingdom of Heaven Suffereth Violence

ギャラリー[編集]

参照[編集]

  1. ^ Smith, Elise (2002). Evelyn Pickering De Morgan and the Allegorical Body. Madison, NJ: Fairleigh Dickinson University Press. ISBN 9780838638835. 

外部リンク[編集]