アスキーアート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Example.of.SJIS.art.rendering.svg この項目ではアスキーアートについて扱っています。閲覧環境によっては正しく表示されない可能性があります。

コンピュータ上においてのアスキーアート(ASCII-Art)とは、プレーンテキストによる視覚的表現技法をいう。テキストアートや、文字絵などとも呼ばれる。AAと略される。

ASCII-Artという語は元々、アメリカ合衆国をはじめ英語コミュニティでASCII 文字コード図形文字領域0x20-0x7eに含まれる文字記号を用いた表現を指した。日本ではシフトJIS文字コードによるテキストアートが主流だが、英語ではこれをSHIFT-JIS Art(英語版)と明確に区別している一方、日本語ではASCIIコードでないテキストアートも一般的に「アスキーアート」と総称する。

概要[編集]

アスキーアートは、広義には顔文字を含むが、より複雑な図形表現のため複数行を使うものがあり、狭義にはこれをいう。古くはタイプライターテレタイプで同様の表現を試みた者もいたが、この語が人口に膾炙するようになったのは、パソコン通信電子掲示板が知られるようになってからである。

伝統的には等幅フォントを使用するが、日本語のwebサイトにおいては表示にプロポーショナルフォントである「MS Pゴシック」が指定されていることが多いので、それに最適化されたアスキーアートが普及している。

MMORPGの普及によって、以前は日本人同士でのみ通用していた顔文字を目にする外国人が増えた。例えばファイナルファンタジーXIにおいては、チャットウィンドウに表示される日本語は外国言語版ソフトでもそのまま表示される。

アスキーアートの表現手法には大きく分けて2通りある。

  • 文字の形を線と見なし、それを連結させてゆくもの。いわゆる顔文字や小さなアスキーアートに用いられる。
  • 文字を1つのドットと見なし、文字の違いは濃淡の差として扱うもの。全体の形は大きくなりやすい。

歴史[編集]

ギヨーム・アポリネール「カリグラム」、1918年

活字によるアート表現の起源は19世紀の古いタイプライター時代に遡る。現在知られている最も古い活字アートは、1898年にフローラ・ステイシー(Flora Stacey)という女性がを表現したものである[1][2]1918年にはキュビスム先導者の一人、ギヨーム・アポリネール(Guillaume Apollinaire)が活字で絵を描いた『カリグラム( Calligrammes )』を刊行し、1922年にはホバート・リース(Hobart Reese)が「活字だけで描いた人物画」を発表して注目された[3]

当初は大文字だけをサポートする3列キーボードが主流だったが、遠隔地への文字送信の研究が進むと、5ビットの文字コードであるBaudot Code(ボー符号)が1931年に国際テレグラフ・アルファベットNo.2として承認され用いられた(当時はビットと言わず、「5単位」と呼称した)。ボー符号はShiftキーでアルファベットモードと数字・記号モードを切り替える機能をもったが、通信回線の品質が不安定だったため切り替えがうまく行かずにしばしば「文字化け」が起きた。ただ通信速度が非常に遅くまた高価であったこと、用途が限られていたこと(軍用や警察用、新聞社用)などのため、1960年代までテキストアートは用いられなかった。1960年代から70年代にかけてはアマチュア無線RTTYが隆盛し、テキストアートも用いられた。

1963年頃に7ビットの文字コードASCIIを用いるページプリンタASR-33」がテレタイプ社から発売されると、5ビットのボー符号は種類の少なさから次第に使われなくなり、ASR-33が標準的なページプリンタとして定着するに伴ってASCIIコードが普及した。1974年マイクロプロセッサが登場すると、個人でも所有できる価格とコンパクトさをもったパーソナルコンピュータ(パソコン)の時代が到来した。1990年代初頭まで、ほとんどのパソコンはネットワーク機能を標準搭載していなかったが、愛好家たちはネットワークを構築し、メッセージを電子掲示板(Bulletin Bourd System, BBS)やパソコン通信のコミュニティで交換していた。最初の電子掲示板は1978年2月16日イリノイ州シカゴでウォード・クリステンセン(Ward Christensen)が開設したCBBS(英語版)である。BBSや電子コミュニティは単なる情報伝達だけでなく会話・コミュニケーションの場であったため、感情を表す顔文字が多く生み出された。顔文字の起源も19世紀に遡るが(→顔文字)、現在の顔文字の直接の起源としては1982年9月11日11時44分のタイムスタンプがあるIBM社のスコット・ファールマン(Scott Fahlman)による顔文字『:-)』(笑い)と『:-(』(怒り)の提案がある[4]。日本においては縦置きの顔文字が早くから考案され、1986年6月20日0時28分の若林泰志によるパソコン通信アスキーネット上の顔文字『(^_^)』が確認できる[5]

欧米での使用[編集]

古くから愛好者が多く、専用のニュースグループもある。またANSIエスケープシーケンス (カーソル移動や色・反転表示を記述することができる) を使ったアニメーションも存在する。

ここで使用しているアスキーアートは半角\が半角¥に置き換わって表示される場合あり。

1行のもの[編集]

最もシンプルなアスキーアートは、2-3文字を組み合わせた感情を表現するためのもの。スマイリーとも言う。 多くのものは90度回転した状態(左が上)で感情が表されている。QWERTY配列のキーボードであればIMEを問わず利用できる(例えば日本語IMEでも半角入力状態にすればよい)ため、全世界的に用いられている。日本人同士ではあまり用いられないが、これは日本ではシフトJISによる顔文字文化が発達しているためである。

:-) または :) または:D スマイル
:-( しかめ面
;-) ウィンク
:-p 揶揄
:P 舌出し
:O 驚き

複数行のもの[編集]

より大きく、より複雑な図形を書くためには、複数行を使用。

            (oo)
     /-------\/                O
    / |     ||      /o)\      /H\
   *  ||----||      \(o/      / \
      ~~    ~~
(左から順に、牛・陰陽・人)

日本での使用[編集]

日本語環境でのアスキーアートの状況はやや特殊である。日本語は一般に2バイト文字で記述されるため、コンピュータ上においてもシフトJISのようにひらがなカタカナ漢字英字数字記号といった多彩な文字種が混在して用いられるが、このことが微妙な感情をテキストアートで表すことを可能にした。このため世界的に主流の1バイト文字アートでなく、2バイト文字アートが発達した。日本における特徴としてはこの多彩な文字の他、位置合わせに適した全角スペースの存在、文字幅の設定が挙げられる。

日本語アスキーアートは、環境に非常に依存するという弱点がある。WindowsかMacかによっても見え方が異なる上、Windows VistaバージョンからはMS Pゴシックとは文字幅も字体も違う、メイリオフォントが導入された。また、MS Pゴシックなどのフォントも一部の字体が変更されており、一部のアスキーアートを正常に表示することができないことが判明している。その他にも、フォント設定が正常に反映されない等の不具合も多い。

顔文字[編集]

顔文字はフェイスマークともいい、シンプルなもので4-8文字程度からなる。感情を表すためにメールの本文・チャット電子掲示板・メーリングリストなど、さまざまな場所で使用される。携帯端末でも多用される。シフトJISの文字セットは漢字や欧文・記号・罫線など数万種類もの文字をもつため、これらを組み合わせて微妙な感情表現が可能になる反面、ほとんど使わないような文字を顔文字のために呼び出すことが必要になる。このため、よく使う顔文字をIMEの辞書機能に登録して使用することも一般的である。例えば携帯電話においてはiPhoneなど海外メーカーのものでも初期設定で顔文字がいくつも登録されている。欧米では、1バイト文字のみで構成されているものが日本のサブカルチャーに興味を持つ人々の間で使用されている。orz中国台湾にも輸出され、独自のアスキーアートが作り出されている。

(例:圙rz 老人の顔)。


笑い  (^▽^)  (^ω^)  (゜∀゜)  (・∀・)ニヤニヤ  ヽ(´ー`)ノ  (●´艸`●)   (*^_^*)  v(^_^)v  (*´∀`*)  (´▽`〃)ヾ

喜び  キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!  キタ━━(゜∀゜)━( ゜∀)━(  ゜)━(  )━(  )━(゜  )━(∀゜ )━(゜∀゜)━━!!!!!
     ヽ(゜▽、゜)ノ  ヽ(´▽`)ノ♪  ヽ(*´∀`)ノ  *+。('∀'*)*+。  (*^^)v  (^^♪  (*^ー゚)b  (*´`)

怒り  (#`Д´)  (*゜Д゜)  (♯・∀・)  ヽ(`Д´)ノ  (`・д・´)  Σ(゜д゜ )カッ  ( ゜Д゜)ハァ?  (#ノ゚Д゚)ノ ・゚・┻┻゚・:.。o  (°〆°#)  (`益′)

泣き  (>_<)  (T_T)  (T▽T)  (ΩoΩ)   (つд`)  。・゜・(ノД`)・゜・。  ゜(゜´Д`゜)゜。  (ぅω・)  。・゜(゜⊃ω⊂゜)゜・。  (´;ω;`)  

落胆  orz  brz  _| ̄|○  OTL  Σ(´д`;)    ('A`)  ( ̄∧ ̄)  (;´Д`)  or2

失敗  (/ε\)  (ノ∀`)  (´∀`;A )  ^^;  /(^o^)\  (,,´д`)

驚き  Σ(゜Д゜;)  Σ(@Д@)  Σ(゜Д゜ノ)ノ  (゜д゜)  (ヽд) ゜゜  (;・`д・´)  (ΦДΦ)!?  \(゜ロ\)(/ロ゜)/  \(;゚Д゚)/

怯え  (>_<)  ((((;゜Д゜)))  ((((;゜Д゜)))ガクガクブルブル  (ili゜Д゜)

余裕  (*´σー`)  ( ̄ー ̄)  (・ー・)  ( ´_ゝ`)フーン  (´ー`)y-~~  (*´∀`)  (゚ー゚*)

挨拶/別れ  (T_T)ノシ  (・∀・)ノシ  (*・ω・)ノ~~~  ヾ(。・ω・。)  

謝罪/依頼  m(_ _)m  (>人<)  (●´・ω・)(●´_ _)ペコ  <●>

複数行のもの[編集]

3-25行程度を使用する、より大きな文字アート。大がかりな作品も多い。ディスプレイ上の制約からパソコンやタブレット機器などでの使用を前提としたものも多いが、携帯機器でもずれないで見られるよう横幅を調整したものもある。

擬古猫(現在ギコ猫として広く知られているものの原型)

     ∧ ∧
~′ ̄ ̄(´ー`)<初出段階
 UU ̄ ̄ U  U
  ↓
    ∧ ∧
~′ ̄(´ー`)<普及段階
 UU ̄ U  U
  ↓
 ____ ∧ ∧
|\ /(´~`)\<発展段階
| | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
| |=みかん=|
 \|_____|
  ↓
  ∧ ∧
/(´Д`)ノ<汎用・省スペース
 ̄ ̄ ̄ ̄|

プロポーショナルフォントのもの[編集]

Internet Explorer5.0での表示を基準としたMS Pゴシック16ピクセル(12ポイント)、行間2ドットを標準として作られている。数行〜十数行であることが多いが、巨大なものでは50行に達する場合もある。W3C勧告のCSSを利用してアスキーアートに適した表示を行う場合は、以下のように指定することが望ましい。

font-family:IPAMonaPGothic,'IPA モナー Pゴシック',Monapo,Mona,'MS PGothic','MS Pゴシック',sans-serif;
font-size:16px;
line-height:18px;

MS PゴシックがプリインストールされていないWindows以外では正しく表示しにくい。その欠点を解決するため、利用がフリーなフォント「モナーフォント」が開発された。このモナーフォントは、Linuxを始めとする他のオペレーティングシステムでも利用可能であることから、この問題点は既に克服されている。モナーフォントには、IPAモナーフォント、M+IPAモナーフォントなど数種の派生フォントが存在する。

ヨシフ・スターリン(政治家)
    , -.―――--.、
   ,イ,,i、リ,,リ,,ノノ,,;;;;;;;;ヽ
  .i;}'       "ミ;;;;:}
  |} ,,..、_、  , _,,,..、  |;;;:|
  |} ,_tュ,〈  ヒ''tュ_  i;;;;|
  |  ー' | ` -     ト'{
 .「|   イ_i _ >、     }〉}
 `{| _.ノ;;/;;/,ゞ;ヽ、  .!-'
   |    ='"     |
    i゙ 、_  ゙,,,  ,, ' {
  丿\  ̄ ̄  _,,-"ヽ
''"~ヽ  \、_;;,..-" _ ,i`ー-
   ヽ、oヽ/ \  /o/  |
ウィキペたん(擬人化キャラクター)
     ru‐┐__   ru‐┐
    .} Ω_{' ⌒´ヾー、.{ 
    ´rー゙f(ノノ))))!i.「
      ノ乂k(l゚ ヮ゚ノ'ノ乂  
    ´ '   と}i凹{つ   ' 
       fく/{__}〉
       ´ し'ノ  
ウィキペたん、Kasuga画)複雑なアスキーアート(テキストアート)の例
                             ...- 、 
       ...      _..--‐;ョa-‐―ー- 、 ri''^│ ゙ヘ;;;;l 
      // ^1 -、_,ノ一ー‐宀―‐ー-..:;--父1;;;;''‐"´_;;1, 、 
     ¦.,, ;;'-ィ/'´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ゙ー弋!>小''ワ三;;  l 
       !l; /’:::::::::::::::: ,,:::: ::_::::::::::::::::‐ ゙lll聿川^l└‐ィ丿 
     //"ィl/ _  ::  d’l::l廴上 、 ヘ ::::l!ノ什 ;;;;;;;;;;;;.,,1 
     ヽ-个.彳彳 廴彳::ヘ彳l 下゙iー|ヒ::::|圭圭l心>;;_ノ 
      l ノ!ノ廴彡下上 ::::`⊥>从上l廴jllll;;ル;;聿lllllla 
     /丿ll聿 下゙个从 :::::::'´/^lllll聿l!llllllll!l;;;;llll;;llll廴 
    丿/l:: |;;从弋¦lalll!::::::::: |聿聿l聿广下|;;;;ll!;;;;llll;;廴 
   /_ノノ _彡l勺癶 ゙川!: ::::::: '宀'´:" ノ::::/l1l;;川;;;;聿llll廴 
  ,/_dl小::j;;ナ| l;;彡亅''' :ニuaュ:::: ::::: ょ--'’ノ ;;サl;;;;;;什゙lllllllb__ 
-ニ广 │::|什│;;廴 ヽ..,,_¦::::〉:__..n宀 _..-'?/ノ彳|;;;;;;彳  ゙゙~~´ 
     !〕|;;〕 ! ;;聿:ニ'''';__一个"´ Y:l‐''''大 l廴 |llll爪 
     !l!|;;〉 1下  `‐弋ニ"ニ! ̄/--.  辷ノ圭i_|;;;;什 
     ゙ハサ  ∪--- \_l7!...._    ̄ |聿lllllllll聿│ 
          ノ....,_ ¦ノ'ァィ' レ┐ __-..ノ聿llllllll彳 
      ___  彳  ! ./''ンニ ’-'’/  lllllllllllllllll聿..-‐ヽ 
      !  ゛'''从‐''"¦‐’└‐‐  ,,_ _jllllllllllllllllll彳  / 
      l    _i聿a_ュ'` -  ‐_ィlllllll聿lllllllllll廴  1 
       l  ,jlllllllll聿llョl聿aョlllllllllllllllllll/^゙llllllllllla;  ! 
       /!_llllllllll!ll聿宀宀レ聿聿聿聿'´;;;;;;;゙lllllllll廴..ゝ 
      / `レllll爪,∫  ....--........---ノ!.. ;;;;;;;;;;゙手~~  ;;;;1 
   -‐''''1   ^ニilヨ''ー-............-‐彡'~~ ー冖_;;;;/    ;;;;_l  ___ 
 彡-― : ヽ......ノ/        ''´,-  ¦,ノl廴`‐.._ ┌'´ニノ‐⊥ニ''' 、 
 ノ宀ン―''‐ユ,/         -     1- ノllll廴ー宀 :  ,/-::\1 
       彳」                |´..|llllllllb   `''―'' 八l./ 
      .j聿│               ;,',,_ lllllllllll廴     ‐´ 
     ノll厂"'、              ,¦ ,|llllllllllll廴 
     lllll廴lニ ヽ..__        _.....-('´ __jlllllllllllllllサ 
      ゙llllll聿lョJ__ ゙̄1''''"^l⌒__」___)_ョllllllllllll彡" 
       ゙゙゙弋llllll聿lllll!lllllllllllllllllllllllllllllllllll千~~ 
          ^゙゙゙宀lllllllll聿llllllllllll宀~~ 
              〈llllllll圭llllllll廴 
              lllllllllllllllllllllll聿_ 
              〈llllllllllllllllllllllllllll圭 
               |llllllllllll聿llllllllllllll廴 
               ''llllllllllll卅 ゙lllllllll聿 
               |llllllllllll聿  lllllllll聿! 
                lllllllllllll彳  ゙lllllll聿_ 
                |llllllllllサ   |llllllll聿_ 
                !llllllll彳   〈llllllllllll廴 
                ノlllllllllla    llllllllllllll彡 
              ,_ィlllllllllllll廴   lllllllllllllll广 
            ィョlllllllllllllllllllll彳  _ィlllllllllllll广 
            ゙゙宀レ聿千~~  /lllllllllllllll夕 
                      ̄~~ ̄ 

作成上の制約[編集]

MS Pゴシックのアスキーアートには作成上の制約が2つある。

  • 行頭での半角スペースの使用禁止(行頭半角スペース)
  • 連続した二つ以上の半角スペースの使用禁止(ダブル半角スペース)

どちらもInternet ExplorerGeckoを使用したWebブラウザでは、省略されてしまい表示されない。

最近ではこの制約を逆手に取ったアスキーアートが作られている。ある種の騙し絵であり、アスキーアートの中にわざとダブル半角スペースを仕込み、Webブラウザ上とそれ以外での表示を別物にするものである。

HTMLタグでフォントのサイズや色を変えたりすることはない。文字を大きくしたい場合は、アスキーアートで大きな文字を作ったり、(下図参照)色を付けたい場合には画素とする文字の濃淡を利用し、マンガにおけるスクリーントーンのような効果(下図参照)で濃淡を表すようにする。

                  __|__     -┼-
         七_       ,-|ナ、    ,.-┼ト、
   あ    (乂 )    し'ヽ ノ   ヽ__ レノ
 小←──────────────────────→大

 薄
 ↑米米米米米米米 : : : : : : : : : : : : : : :
 |髟髟髟髟髟髟髟 :..:..:..:..:..:..:.:..:..:..:..:.:..:
 |面面面面面面面 :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:
 |鼎鼎鼎鼎鼎鼎鼎 :.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:::
 |蠻蠻蠻蠻蠻蠻蠻 ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 |鬣鬣鬣鬣鬣鬣鬣 ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 |麌麌麌麌麌麌麌 ;:;::;::;::;::;::;::;::;::;::;::;::;::
 |黌黌黌黌黌黌黌 :;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::;:;:;:;:;:;:;:;:
 |鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱 ;;:;;:;;:;;:;;:;;:;;:;;:;;:;;:;;:;;:;;
 ↓䨻䨻䨻䨻䨻䨻䨻 ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
 濃

分類[編集]

プロポーショナルフォントのアスキーアートは、作風によって大きく3種類に分けられる。制作の場でもある2ちゃんねるの板名をつけて呼ぶことが多い。

顔文字板系[編集]

イラスト、写真などをトレースしたアスキーアートで、20行以上に渡る巨大なものが多い。大抵は漫画やアニメ、ゲームの一枚絵を元に作られている。簡単なものでも制作にはある程度の技術が必要。

このタイプのアスキーアートはオートトレースツールを用いて機械的に制作することも出来るが、精度は低く雑然とした文字の固まりにしかならない。オートトレース後に修正するなど、手書きの工程省略には使われる。

モナー板系[編集]

漫画のように大きくデフォルメされたアスキーアートが分類される。顔部分が1行分の顔文字、全身が(通常の等身では)5行程度に収まる。2ちゃんねるのアスキーアートキャラクターと言えばこのタイプである。

単純なものであれば顔文字系アスキーアートより遙かに制作が簡単である。すでに作られたアスキーアートがあればそれを改変することで、「コピペ改変」として新たに作り替えることも出来る。

2ちゃんねるの1レスを漫画の1コマとして作り上げるストーリーAAは、ほぼ全てがモナー板系列で作られ、長いものでは3000コマを越す。

ガイドライン板系[編集]

クマーやる夫に代表されるアスキーアート。大きくデフォルメされているのはモナー板系と同じだが、目鼻口の顔部分だけで5行、全身が10行を越す。

顔だけで5行を利用しているので、顔文字板系同等な多彩な表情を表現できるが、デフォルメされているためモナー板系並に制作のハードルが低い。顔文字板系、モナー板系の中間と言うべきタイプであり、どちらともに親和性が高い。2002年頃までは顔文字板で最も作られていた。

アスキーアートから生まれたキャラクター[編集]

日本では既存キャラクターをアスキーアート化するだけでなく、アスキーアートそのものから発生したキャラクターも現れた。ここでは代表的なもののみ記述する。

脚註[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Joan G. Stark, "The History of ASCII (Text) Art", 2001.
  2. ^ Paul Robert, "Typewriter Art", The Virtual Typewriter Museum, 2005.
  3. ^ The Original ASCII Art Was Just This Guy and His Typewriter, GIZMODO.COM, 2014年1月23日付
  4. ^ スコットの投稿した原文
  5. ^ 顔文字の歴史, vector作者:若林泰志

関連項目[編集]

外部リンク[編集]