乾性油

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
乾性油であるアマニ油
コバルト触媒による固化進行の化学反応の概略。最初に二重結合が酸素により酸化されハイドロパーオキシドを形成する。次に、ハイドロパーオキシドが他の分子の不飽和結合に結合して炭素ラジカル形成し更なる重合が進む。

乾性油(かんせいゆ)は、空気中で徐々に酸化して固まるのこと。油絵具ワニスに利用される。

成分中の不飽和脂肪酸の量を示す指標であるヨウ素価によって分類され、ヨウ素価が130以上の油を乾性油、100から130のものを半乾性油、100以下のものを不乾性油という。

固化[編集]

乾性油が固まるのは空気中の酸素との化学反応によるものであり、「乾」とはいうもののデンプンなどのように溶媒が蒸発して固まるわけではない。

乾性油の主成分である不飽和脂肪酸分子中にいくつかの二重結合を持つ。二重結合は化学的に反応しやすいため、空気中の酸素と徐々に結びついて酸化され、過酸化物ラジカルが生じる。これらが開始剤となって二重結合間の重合反応が進行すると、油の分子同士が互いに結合して分子量の大きな網目状の高分子となり、最終的には流動性を失って固まる。光や熱によって反応は促進され固化が早まる。不飽和脂肪酸の量が多いもの、すなわちヨウ素価の高い油ほど固まるのが早く、反対にヨウ素価が低いものはあまり重合しないため固まらない。

固化した乾性油は元の不飽和和脂肪酸とは構造の異なる高分子になっており、とは異なり溶媒や加熱によって再び溶かすことは通常できない。

不飽和脂肪酸の酸化反応や重合反応は発熱反応であるため、進行とともにが生じる。ヨウ素価の高い油をなどに含ませて放置すると、空気にふれる面積が大きくなるために急速に反応が進み、温度が上昇して自然発火するおそれがある。

種類[編集]

植物から得られる油のヨウ素価は様々であり、目的に応じて固化の速度や程度のあった油を用いる必要がある。画材としてはこれらを適当な比率で混合したり、加熱等の処理を加えたものも販売されている。

乾性油
空気中で完全に固まる油であり、ヨウ素価は130以上。亜麻仁油桐油芥子油紫蘇油胡桃油荏油紅花油向日葵油など。
半乾性油
空気中で反応して流動性は低下するが、完全には固まらない。ヨウ素価は130から100程度。コーン油綿実油胡麻油大豆油など。
不乾性油
空気中で固まらない。ヨウ素価は100以下。オリーブ油扁桃油落花生油椰子油椿油菜種油など。

関連項目[編集]