画材

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

画材は、絵画製図漫画などに使う道具のこと。事務用品店や文具店、専門の画材店などで購入する。Amazonではその多くがおもちゃに分類されている。

書くことと異なり、描くことは多く幼少期に見られる行動である。発達心理学などの分野では、14歳から18歳程度で完成期と呼ばれる時期を迎え、多くの人はそのころから、殆ど描かなくなる。子どもの絵に関する社会科学的研究は豊富だが、大人の絵に関する同様の研究は少ない。その一方で、多くの人が描かなくなる年齢を過ぎても活動的に絵を描く人々が居る。歴史的に代表的なのは画家であると言えるが、現代ではより多くの業種に見出される傾向である。なお、人間発達には個人差があり、柔軟な姿勢が必要[1]である。

主な画材[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]