フランシスコ・デ・ゴヤ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フランシスコ・デ・ゴヤ
「フランシスコ・ゴヤの肖像画」(1826年、ヴィセンテ・ロペス・イ・ポルターニャ画)
油彩、93×75cm、プラド美術館
生誕 フランシスコ・ホセ・デ・ゴヤ・イ・ルシエンテス(Francisco José de Goya y Lucientes)
1746年3月30日
スペインの旗 スペイン王国 アラゴン フエンデトドス
死没 1828年4月16日(82歳)
フランスの旗 フランス王国 ボルドー
墓地 Royal Chapel of St. Anthony of La Florida
北緯40度25分31秒 西経3度43分32秒 / 北緯40.42536度 西経3.72560度 / 40.42536; -3.72560
国籍 スペインの旗 スペイン
教育 José Luzán
著名な実績 絵画、デッサン、彫刻、版画
代表作 裸のマハ/着衣のマハ
マドリード、1808年5月3日
カルロス4世の家族
我が子を食らうサトゥルヌス
運動・動向 ロマン主義
自画像(1815年)

フランシスコ・ホセ・デ・ゴヤ・イ・ルシエンテス(Francisco José de Goya y Lucientes、1746年3月30日 - 1828年4月16日)は、スペイン画家ディエゴ・ベラスケスとともに、スペイン最大の画家。ベラスケス同様、宮廷画家として重きをなした。

生涯[編集]

カルロス4世の家族(1800-1801年、プラド美術館所属)
マドリード、1808年5月3日(1814年、プラド美術館所属)

1746年、スペイン北東部サラゴサ近郊のフエンデトードス(Fuendetodos, 当初はFuentedetodos フエンテデトードスと呼ばれていた。la fuente de todos“総ての者の泉”という意味)に生まれる。父親は鍍金師であり、芸術を愛好する気風の中で育った。14歳の時から約4年間、サラゴーサで地元の画家に師事して絵画の修行をする。この間、のちにゴヤの義兄となる、兄弟子・フランシスコ・バエウ(バイユー)(en:Francisco Bayeu y Subías)、その弟ラモーン・バエウ(en:Ramón Bayeu)に出会う。1763年と1766年の2回、サン・フェルナンド王立アカデミーに出品したが落選している。1770年、大画家を目指してイタリアのローマに出た。イタリア滞在中にルネサンスの傑作に出会い、フレスコ画の技法を学んだ。パレルモ・アカデミーから奨励賞を受けた。1771年(25歳)帰国した。1772年サラゴザのピラール聖母教会から大聖堂の天井装飾の注文も受け、そのほかも任された[1]

27歳の時、バエウの妹ホセーファ(en:Josefa Bayeu)と結婚。

1774年、バエウの手引きでマドリードへ出て、1775年から十数年間、王立タペストリー工場でタペストリーの下絵描きの仕事に携わる。

1786年、40歳で国王カルロス3世付き画家となり、1789年には新王カルロス4世の宮廷画家となる。

このように、40歳代にさしかかって、ようやくスペイン最高の画家としての地位を得たゴヤは、1792年、不治の病に侵され聴力を失う。今日ゴヤの代表作として知られる『カルロス4世の家族』(en:Charles IV of Spain and His Family)、『着衣のマハ』、『裸のマハ[2][1]、『マドリード、1808年5月3日[3][1]、『巨人』(en:The Colossus (painting))などはいずれも、ゴヤが聴力を失って以後の後半生に描かれたものである。

1807年ナポレオン率いるフランス軍がスペインへ侵攻し、翌1808年にはナポレオンの兄ジョゼフをホセ1世としてスペイン王位につけた。事実上、ナポレオン軍の支配下に置かれたスペインは、1808年から1814年にかけてスペイン独立戦争のさなかにあった。

こうした動乱の時期に描かれたのが『マドリード、1808年5月3日』、『巨人』などの作品群である。1810年には版画集『戦争の惨禍』に着手している。1815年、すでに69歳に達していたゴヤは、40歳以上も年下のレオカディア・バイス(Leocadia Weiss)というドイツ系の家政婦と同棲していた(妻ホセーファはその3年ほど前に死去)。

1819年にはマドリード郊外に「聾者の家」(es:Quinta del Sordo)と通称される別荘を購入した。1820年から1823年にかけて、この「聾者の家」のサロンや食堂を飾るために描かれた14枚の壁画群が、今日「黒い絵」と通称されるものである。

当時のスペインの自由主義者弾圧を避けて1824年、78歳の時にフランスに亡命1826年マドリードに一時帰国し、宮廷画家の辞職を認められる。1828年、亡命先のボルドーにおいて82年の波乱に満ちた生涯を閉じた。

現在は、マドリードのプリンシペ・ピオ駅にほど近いサン・アントーニオ・デ・ラ・フロリーダ礼拝堂 (Ermita de San Antonio de la Florida)、通称:ゴヤのパンテオン (Panteón de Goya) に眠っている。この聖堂の天井に描かれたフレスコ画、『聖アントニオの奇跡』もゴヤの作品である。なお、ゴヤの遺骸の頭蓋骨は失われている。亡命先の墓地に埋葬されている期間に盗掘に遭ったためだが、その犯人も目的も、その後の頭蓋骨の所在についても一切が不明のままである。

カルロス4世とその家族を描いた集団肖像画は、一見普通の宮廷肖像画に見えるが、仔細に見ると、いかにも暗愚そうなカルロス4世の風貌や、絵の中心に据えられた狡猾で底意地の悪そうな夫人の表情などには、ゴヤの精一杯の風刺が感じられる。さらに、ゴヤは背後に自身の姿まで書き込んでいる。

日本にあるゴヤの油彩画としては、東京富士美術館の『ブルボン=ブラガンサ家の王子、ドン・セバスティアン・マリー・ガブリエル』、三重県立美術館の『アルベルト・フォラステールの肖像』が挙げられる。ゴヤの版画となるともう少し多くなり、国立西洋美術館町田市立国際版画美術館神奈川県立近代美術館姫路市立美術館長崎県美術館などが所蔵し、企画展などの際に展示される。また、大塚国際美術館では、ゴヤの「聾者の家」を当時そのままの配置で再現している。

『巨人』の作者について[編集]

助手の作とされた『巨人』(プラド美術館蔵)

2009年1月、プラド美術館は、従来ゴヤの代表作とされていた『巨人』はゴヤの作ではないと結論する報告書を公表した。この作品は1931年に同美術館に寄贈されたもので、当時はゴヤについての研究が進展していなかったため、疑いなくゴヤの真筆とされていた。しかし、ゴヤの作にしては、逃げまどう群衆や動物の筆致が粗い点などが指摘され、プラド美術館が様式、伝来等を総合的に検討した結果、ゴヤ本人ではなくその追随者の作であると結論付けられた。決め手の1つは画面左下に「AJ」というサインが発見されたことで、同じイニシャルを持つゴヤの弟子、アセンシオ・フリアが作者と見られている[4]

代表作[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c フランソワ・トレモリエール、カトリーヌ・リシ編著、樺山紘一日本語版監修『ラルース 図説 世界史人物百科』Ⅲ フランス革命ー世界大戦前夜 原書房 2005年 88ページ
  2. ^ 1805年完成、ときの首相マヌエル・ゴトイの注文。2枚を重ねて鑑賞するように工夫されている[要出典]。ゴトイは『鏡の中のヴィーナス』と一緒に飾っていた。1814年ゴヤは異端審問所で釈明を求められている。
  3. ^ 1814年に「5月2日」「5月3日」の2つの作品は、マドリードの蜂起に立ちあがった英雄的行為を描いている。特に後者の作品がゴヤの才能を如実に表しているといわれる。
  4. ^ 大高保二郎「『巨人』は助手の作品 ゴヤ様式問い直すとき」、2009年2月19日付『読売新聞』

主な日本語文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]