着衣のマハ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
『着衣のマハ』
スペイン語: La maja vestida
作者 フランシスコ・デ・ゴヤ
制作年 1800年-1805年頃
素材 キャンバスに油彩
寸法 97 cm × 190 cm (38 in × 75 in)
所蔵 プラド美術館マドリード

着衣のマハ』(ちゃくいのマハ、スペイン語: La maja vestida)は、スペイン画家フランシスコ・デ・ゴヤによって描かれた油絵である。マドリードプラド美術館所蔵。裸のマハの直後に描かれている。その真意は、製作依頼者であるマヌエル・ゴドイの19世紀初めの自宅改装の際の裸のマハに関するカモフラージュであると考えられている[1]

名前の変遷[編集]

日本における公開[編集]

2011年中に日本でも公開されると、2011年元旦の読売新聞紙上で報道された。 2011年10月22日から、2012年1月29日まで、国立西洋美術館で開かれた、『プラド美術館所蔵ゴヤ光と影』において、40年ぶりに日本で公開された[2]

脚注[編集]

  1. ^ ホセ・マヌエル・マティーリヤ、マヌエラ・メナ・マルケス、大高保二郎監修『プラド美術館所蔵 ゴヤ―光と影』読売新聞東京本社、2011年、122頁。
  2. ^ ホセ・マヌエル・マティーリヤ、マヌエラ・メナ・マルケス、大高保二郎監修『プラド美術館所蔵 ゴヤ―光と影』読売新聞東京本社、2011年。

関連項目[編集]