カルロス4世 (スペイン王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カルロス4世

カルロス4世(Carlos IV, 1748年11月11日 - 1819年1月20日)はブルボン(ボルボン)朝スペイン(在位:1788年12月14日 - 1808年3月19日)。

前半生[編集]

カルロス4世はカルロス3世と、マリア・アマリア・デ・サホニアの次男として生まれた。父が両シチリア在位中にポルティチで生まれた。兄フェリペは知能の発育の問題と癲癇で王位に就けなかった。カルロス4世は、ポーランドザクセン選帝侯アウグスト3世の娘である母の血統から素晴らしい体格と強靭な体力を受け継ぎ、若いときは自分の知る限りの農村で最強の男たちとレスリングをするのが好きだった。一方知性の面では優れた君主だった父に似ず、多くの人から鈍感でとにかく馬鹿正直だと思われていた。父王でさえ、彼と話をするごとに「カルロス、お前はバカだな。」と言っていたほどである。父から、従妹のパルマ公女マリア・ルイサと結婚が決定したと知らされ、彼は女性と付き合ったことがなく、どうしたらいいのか途方に暮れた。その時も、父は「バカだなカルロス。女なんかみんな同じだ!」と一喝したのみだった。一方、王妃のマリア・ルイサ・デ・パルマは多くの人(フランシスコ・デ・ゴヤなど)から王を完全に支配する性悪で粗野な女と見られていた。

父の存命中に国王のお気に入りの大臣を追い出してペドロ・パブロ・アランダ(アラゴン党代表)に置き換えようとして、妻の手で審問に引き出されてしまった。

即位[編集]

1788年に即位すると、真剣に取り組んだ仕事は狩りであった。公務は王妃とお気に入りのマヌエル・デ・ゴドイに任せることになった。ゴドイは事実上、王妃と執務室を自分のものにしたが、王は自分の生活全てをゴドイに預けた。フランス革命に恐怖を感じると、カルロス3世の改革を更に推し進めようとする政党と対立するゴドイを手助けできる異端審問に転じた。しかし、政治の成り行きに口を挟む程度のことしかせず、単に王妃とゴドイの言いなりでしかなかった。1803年娘のマリーア・ルイーサが天然痘に感染すると、王は医師のフランシスコ・デ・バルミスに国費でスペイン植民地にワクチンを運ぶよう指示した。

王には王権神授説と、自分が神聖な存在だという信念があった。王権が非常に強力に映ることがとても重要だと考えていたが、スペイン王国はフランスからは属国程度の扱いしか受けられず、王位は王妃とお気に入りのなすがままであった。スペインはフランスと同盟し、大陸封鎖を支援したが、トラファルガーの海戦後に撤退した。この海戦で全艦隊を失い、1807年のナポレオンによるイベリア半島侵入を許す密約で国民の怒りを買い、アランフエスの暴動を導いた[1]

ナポレオン1807年ロシアに戦勝すると、ゴドイはフランス寄りに転じたが、フランスはもはやスペインとの同盟に価値を認めなくなっていた。しかし、フランスとの同盟でさえ、ゴドイの支配を弱体化させ、イギリスとの密接な関係を模索するフェルナンド派(フェルナンド王太子の支持者)を勢い付かせた。

退位[編集]

息子フェルナンドがナポレオンにゴドイを辞めさせるよう訴えたと聞かされて、カルロスはお気に入りの擁護に回った。民衆がアランフエス1808年に蜂起すると、投獄されていた大臣のために3月19日に退位した。フェルナンド7世が即位したが、このときスペインに10万の兵を送っていたナポレオンからは信用されなかった。

カルロスはフランスに逃がれ、ナポレオンに囚われた。息子に殴り掛かりたい思いを抑えるのに苦しむ日々を過ごした。この時、ナポレオンの兄ジョゼフのために退位した。フランス皇帝から住まいを与えられて、残りの人生を妻とゴドイに囲まれて過ごした。1819年1月20日、ローマで死去した。

子女[編集]

カルロス4世の家族(1800-1801年)(フランシスコ・デ・ゴヤ画、プラド美術館

カルロス4世は従妹マリア・ルイサ・デ・パルマパルマフィリッポの娘)と1765年に結婚した。子供は14人生まれたが、7人しか成人しなかった。

脚注[編集]

  1. ^ スペイン・ポルトガルを知る事典、p.94 カルロス4世の項(宮川智恵子執筆)

出典[編集]

  • 『スペイン・ポルトガルを知る事典』 池上岑夫ほか監修、平凡社、1987年ISBN 4582126189

参考文献[編集]

関連項目[編集]

先代:
カルロス3世
スペイン王
1788年 - 1808年
次代:
フェルナンド7世
先代:
フェルナンド6世
アストゥリアス公
1759年 - 1788年
次代:
フェルナンド7世