エトルリア王国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エトルリア王国
トスカーナ大公国 1801年 - 1807年 フランス帝国
エトルリア王国の国旗
(国旗)
エトルリア王国の位置
公用語 イタリア語
首都 フィレンツェ
国王
1801年 - 1803年 ルドヴィーコ1世(初代)
1803年 - 1807年 ルドヴィーコ2世(最後)
変遷
成立 1801年
フランス帝国に併合される 1807年

エトルリア王国:Regno d'Etruria)は、19世紀初頭のイタリアに存在した王国である。

1801年2月9日に締結されたリュネヴィルの和約を受けて、トスカーナ大公国フランスの手に渡り廃止された。同年3月21日ナポレオンによる傀儡国家としてエトルリア王国が成立した。エトルリアとは、トスカーナの古名である。王位にはブルボン=パルマ家ルドヴィーコ1世(Ludovico I, 1773年 - 1803年, 在位:1801年 - 1803年)がついた。ルドヴィーコが死ぬと、息子のルドヴィーコ2世ことカルロ2世ルドヴィーコ(Carlo II Ludovico, 1799年 - 1883年, 在位:1803年 - 1807年)が継承した。1807年に崩壊し、フォンテーヌブロー条約によりフランスに併合された。その2年後にはトスカーナ・ハプスブルク家フェルディナンド3世フィレンツェに戻り、トスカーナ大公となった。

関連項目[編集]