ブリタニカ百科事典第11版

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブリタニカ百科事典第11版タイトルページ
ブリタニカ百科事典第11版

ブリタニカ百科事典第11版(ブリタニカひゃっかじてん だい11はん、1911年版ブリタニカ百科事典、1911 Encyclopædia Britannica)は、1910年から1911年にかけて発行されたブリタニカ百科事典の11番目の版で、全29巻からなる20世紀初頭の知識の集大成である。製作には当時の著名な研究者や、後に有名になる執筆者が多数参加している。また、この版は現在、米国著作権の保護期間を経過しパブリックドメインになっている。

概要[編集]

ブリタニカ百科事典初版(第3巻)タイトルページ (M.DCC.LXXI : 1771)
1913年の宣伝チラシ

1768年12月6日から1771年にかけて最初の3巻(2,391頁)がエジンバラで発行されたブリタニカ百科事典は、数々の改訂を経て第11版において大幅に再編成され書き直された(全29巻:本文28巻+索引1巻)。この版は後の版の基として長く使われ、それは1974年に最新の情報に基づいて大幅に刷新された第15版が発行されるまでの間続いた。

ケネス・クラーク卿(Sir Kenneth Clark)は『芸術の森のなかで Another Part of the Wood』(1974年)の中で第11版についてこう述べている。「読者は一つの記事から他の記事へと飛び跳ねる。単なる事実や日付だけでなく、各執筆者の精神の働きと個性に魅了される。これは、情報を強く印象づけるにはわずかな偏見が必要だというディドロの伝統に沿って作られた最後の百科事典に違いない。『窓辺に座ってブリタニカ百科事典を読み、縮み上がった魂』とT・S・エリオットが書いたとき、彼は確かに第11版のことを考えていたのである」(クラークが参照しているエリオット詩は1929年の「アニームラ Animula」)。

1911年版はすでに(米国でも)著作権の保護期間が切れ、ウィキペディアや次の『プロジェクト・グーテンベルク百科事典』など現代のプロジェクトにも利用されている。

執筆者[編集]

いくつかの記事は当時の著名な研究者たちによって書かれている。例えば、エドマンド・ゴス (Edmund Gosse)、J・B・ベリー (J. B. Bury)、アルジャーノン・チャールズ・スウィンバーン (Algernon Charles Swinburne)、ジョン・ミューア (John Muir)、ピョートル・クロポトキン (Prince Peter Kropotkin)、トマス・ヘンリー・ハクスリー (T.H. Huxley)、ウィリアム・マイケル・ロセッティ (William Michael Rossetti)、アルベルト・アインシュタイン (Albert Einstein)、ヘンリー・フォード (Henry Ford) らが挙げられ、その他にも現代では無名になってしまった多くの研究者が参加している。執筆者の多くは第9版から引き継いでおり、わずかな変更にとどまるもの、大きな記事を読みやすく分割したもの、大きく要約したものも多い。多くの記事は現代の読者や研究者にとってもなお価値が高く興味深いものである。しかしながら、著名な執筆者は、1つの記事か、記事の中の一部分を書いただけである。大部分はジャーナリスト大英博物館スタッフ、大学スタッフらによって執筆されている。これらの当時無名だった執筆者の中からは、物理学者のアーネスト・ラザフォード (Ernest Rutherford) や哲学者のバートランド・ラッセル (Bertrand Russell) など、後に有名になった人もいる。

グーテンベルク百科事典[編集]

プロジェクト・グーテンベルク百科事典は、プロジェクト・グーテンベルクが商標「ブリタニカ」の使用を回避するために、1911年版ブリタニカ百科事典につけた別名である。ただし2004年10月現在、プロジェクト・グーテンベルクによって電子化されているのは第1巻だけである。現在、プロジェクトの校正者たちが1911年版ブリタニカ百科事典を完全に電子化するために分散作業を続けている。完了した際には、これはプロジェクト・グーテンベルクによって公開される予定になっている。第2巻-第5巻の校正された部分はDP's Post Processing pageで閲覧することができる。

Volume.Slice From To
Volume 2.1:   ANDROS, SIR EDMUND   —   ARGENTINA
Volume 2.2:   ARGENTINA   —   AUSTRIA
Volume 3.1:   AUSTRIA, LOWER   —   BASSOON
Volume 3.2:   BASSOON   —   BISECTRIX
Volume 4.1:   BISHÂRÎN   —   BORGIA, LUCREZIA
Volume 4.2:   BORDEAUX   —   BRÉQUIGNY
Volume 4.3:   BRÉQUIGNY   —   BULGARIA
Volume 4.4:   BULGARIA   —   CALGARY
Volume 5.1:   CALHOUN, JOHN CALDWELL   —   CAPE COLONY
Volume 5.2:   CAPE COLONY   —   CAT
Volume 5.3:   CAT   —   CERAMIC

第5巻、第6巻の2004年10月時点での未校正の文書 (CERAMIC—CHATELAINE) は、[1]から参照できる。

関連資料[編集]

  • Alexander Coleman, Charles Simmons: All There is to Know: Readings from the Illustrious Eleventh Edition of the “Encyclopædia Britannica” 1994. ISBN 0-671-76747-X
  • Gillian Thomas: A Position to Command Respect: Women and the Eleventh Britannica New Jersey: The Scarecrow Press, 1992. ISBN 0810825678.

外部リンク[編集]

  • LoveToKnow™ Free Online Encyclopedia WWW版。これはOCRで読み取った直後の状態のもので校正されていないため、誤字が多く図版が入っていない。しかし、無料で利用でき、検索もできる。
  • 1911 Encyclopædia Britannica 第1巻
  • Online Encyclopedia OCR読み取り直後の状態。検索可能。
  • ClassicEB.com CD-ROM版。数千に及ぶ金属版画や線画などの図版が含まれている。しかし、300dpiの図面であるため単語検索はできない。ブリタニカ百科事典第11版とその他の版に関する情報についてもふれられている。
  • www.robinsoncurriculum.com 1911年版ブリタニカ百科事典と250の本、家庭での初等教育カリキュラムが、120,000ページ、22枚の商用CD-ROMに納められている。この本の中の図版はほとんど著作権保護されているが、いくつかはパブリックドメインである。著作権の取り扱いに関しては法的な検討が求められる。