フェリペ4世 (スペイン王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フェリペ4世(ベラスケス画)
フェリペ4世
フェリペ4世

フェリペ4世Felipe IV, 1605年4月8日 - 1665年9月17日)は、スペインナポリシチリアの王(在位:1621年 - 1665年)、ポルトガルの王(在位:1621年 - 1640年)。ポルトガル王としてはフィリペ3世フェリペ3世と王妃マルガリータの息子。

生涯[編集]

その治世の前半は国政のほとんどを寵臣オリバーレス公伯爵に一任していた。ただし残された公文書を見ると、1630年代以降はオリバーレス公伯爵の言うがままというわけでもなかったようである。1643年にオリバーレス公伯爵を更迭した後は、その甥ルイス・メンデス・デ・アロを首席大臣に起用した。

フェリペ4世の治世のスペインは、なおヨーロッパの強国としての地位を保ってはいたし、文化面でも絵画のディエゴ・ベラスケスフランシスコ・デ・スルバランアロンゾ・カーノバルトロメ・エステバン・ムリーリョホセ・デ・リベーラ、あるいはスペイン領ネーデルラントの宮廷に仕えたルーベンスら、文芸ではロペ・デ・ベガペドロ・カルデロン・デ・ラ・バルカゴンゴラフランシスコ・デ・ケベードら、他国を圧する才能を輩出していた。

しかし統治体制に中世封建制の残滓を色濃く残したままであったスペインは、国民国家の形成という点で後進国であったはずのイングランドオランダネーデルラント連邦共和国)、あるいはフランスに決定的に遅れを取ることになる。結果としてポルトガルやオランダは独立し(ポルトガル王政復古戦争)、カタルーニャは大反乱を起こし(収穫人戦争)、フランス・スペイン戦争を終結させたピレネー条約ルシヨン地方などをフランスに割譲する羽目になるなど、フェリペ4世の治世はスペインの衰退が決定的となった時期にも重なった。

政治家としては見るべき功績を残さなかった人物であるが、性格は至って善良で、カスティーリャ国民には愛された。乗馬や射撃の名手であり、ベラスケスやルーベンスを保護して傑作を数多く描かせ、当代随一の目利きとしてヨーロッパ最高の美術コレクションを築き、後のプラド美術館の礎とした。

子女[編集]

イサベル王妃は1644年に死去した。

フェリペ4世は妹マリア・アンナ王女がオーストリア・ハプスブルク家フェルディナント3世に嫁ぐ際に、出発をずるずると遅らせたほど妹を溺愛していたという。その妹が生んだマリアナは息子バルタサール・カルロスの婚約者であったが、彼が早世したためその父フェリペ4世の2番目の妻となった。故に伯父と姪の結婚になる。

オーストリアとスペインの両ハプスブルク家は広大な領土を守るために血族結婚を繰り返しており、フェリペ4世の子どもたちのほとんどが幼くして夭折している。特に次代のカルロス2世は生まれつき病弱(障害があったとも)で、スペイン・ハプスブルク朝が断絶することとなった。

また女優のマリア・カルデロンとの間にフアン・ホセ・デ・アウストリア(庶子)がいる。他にも庶子が数名いる。

先代:
フェリペ3世
スペイン王
ナポリ王
シチリア王
1621年 - 1665年
次代:
カルロス2世
先代:
フィリペ2世
ポルトガル王
1621年 - 1640年
次代:
ジョアン4世
先代:
フェリペ3世
アストゥリアス公
ジローナ公
1605年 - 1621年
次代:
バルタサール・カルロス