ルイ2世・ダンジュー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ルイ2世・ダンジュー

ルイ2世・ダンジュー(Louis II d'Anjou, 1377年 - 1417年4月29日)は、ナポリラディズラーオ1世対立王イタリア語名ではルイージ2世・ダンジョ(Luigi II d'Angiò)。ルイ1世・ダンジューの子で、アンジュー公プロヴァンス伯

父はナポリ王位を主張してカルロ3世と争ったが、ルイ2世も同じくナポリ王位を主張、1389年アヴィニョン教皇クレメンス7世によって載冠を受け、カルロ3世の子ラディズラーオを追放してナポリを占領した。しかし、1399年にラディズラーオにナポリを奪還された。

ルイ2世はなおも諦めず、1410年ヨハネス23世を擁立、ローマを占拠したが、1413年にラディズラーオに反撃され、ナポリ王位獲得は失敗に終わった。

アラゴンフアン1世とルイの従姉にあたる王妃ビオランテ(ヨランド)の娘ヨランド・ダラゴンアルル1400年に結婚した。2人の間の成人した子供は次の通り。

関連項目[編集]

先代:
ルイ1世
アンジュー公
プロヴァンス伯
1384年 - 1417年
次代:
ルイ3世
先代:
ラディズラーオ1世
ナポリ王
1389年 - 1399年
(1384年 - 1417年)
次代:
ラディズラーオ1世