ペドロ1世 (ポルトガル王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
PeterIofPortugal.jpg

ペドロ1世ポルトガル語Pedro I, 1320年4月8日 - 1367年1月18日)は、ポルトガルブルゴーニュ朝)の国王(在位:1357年 - 1367年)。「正義王」(o Justiceiro)あるいは「残酷王」(o Cru)と呼ばれる。アフォンソ4世と王妃ベアトリス・デ・カスティーリャの息子。1357年に父王の死去をうけて王位に即いた。

名前もあだ名も同じで混同されやすいが、同じく「正義王」「残酷王」と呼ばれるカスティーリャペドロ1世は甥にあたる。

ペドロ1世は、2番目の妻コンスタンサ・マヌエル侍女イネス・デ・カストロとの悲恋で知られる。最初の妻ブランカ(母ベアトリスの兄ペドロ王子の娘で、従姉にあたる)とは1325年、ペドロ1世がまだ5歳の時に結婚したが、1333年にこの結婚は無効とされた。次いで1339年に結婚したコンスタンサ・マヌエルも、カスティーリャ王族フアン・マヌエルの娘であった。しかしペドロはその侍女イネスと恋に落ち、怒った父によって仲を引き裂かれてしまう。1345年にコンスタンサ・マヌエルが死去すると2人の仲は公然化し、子供も生まれるが、カスティーリャを恐れた父とその重臣たちは1355年、イネスをコインブラ涙の館で暗殺した。それでも彼女に対する愛は消えず、即位した後ペドロ1世は暗殺にかかわった重臣を粛清し、自身がイネスと秘密裡に結婚していたとし、彼女を王妃として認めさせた。

ペドロ1世はイネスの暗殺に関わった貴族を残酷に殺害したが、それだけでなく身分にかかわらず罪人を処罰した。また、ポルトガル王位とポルトガルの教会からローマ教皇の影響を排除するために改革を実施するなど、ペドロ1世の政策は大きな成功を収めた。さらに、妻がカスティーリャ出身だったこともあり、カスティーリャ王国によるアラゴン王国への侵攻にも参加した。

ペドロ1世は1367年に死去し、アルコバササンタ・マリア修道院にイネスと並んで葬られている。王位はコンスタンサ・マヌエルとの間の息子フェルナンドが継承した。

子供[編集]

最初の妻ブランカとは少年期に別れており、子供はいない。

2番目の妻コンスタンサ・マヌエルとの間には2男1女が生まれた。

3番目の妻としたイネス・デ・カストロとの間には3男1女が生まれた。

  • アフォンソ(1346年)
  • ベアトリス(1347年 - 1381年)
  • ジョアン(1349年 - 1397年)
  • ディニス(1354年 - 1397年)

イネスの死後、愛妾テレサ・ロレンソとの間に、庶子ながらアヴィス朝を興してポルトガルの黄金期の基礎を築いたジョアン1世(1357年 - 1433年)をもうけている。