コンスタンサ・マヌエル・デ・カスティーリャ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

コンスタンサ・マヌエル・デ・カスティーリャ西:Constanza Manuel de Castilla, :Constança Manuel de Castela, 1310年代から1320年代 - 1345年11月13日)は、ポルトガルペドロ1世の2番目の妃。ただしペドロの即位以前に死去している。父はカスティーリャフェルナンド3世の孫ペニャフィエル公フアン・マヌエル、母はその2番目の妻でアラゴンハイメ2世の娘コンスタンサ。異母妹にカスティーリャ王エンリケ2世の王妃フアナ・マヌエルがいる。

幼少時にカスティーリャ王アルフォンソ11世と結婚し、形式上は王妃となっていたが、この結婚は1327年に無効とされた。

その後、1339年にポルトガル王ペドロ1世とリスボンで結婚した。ペドロも最初の妻ベアトリスとの結婚は幼少時のもので、少年期に別れていた。コンスタンサとペドロとの間には2男1女が生まれた。

ペドロはコンスタンサを差し置いて、その侍女であったイネス・デ・カストロを寵愛し、コンスタンサの死後にその関係は公然化したが、ペドロの父アフォンソ4世の命を受けた貴族によってイネスは殺害された。