ジョアン3世 (ポルトガル王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョアン3世
ジョアン3世

ジョアン3世(João III, 1502年6月6日 - 1557年6月11日)は、ポルトガル(在位:1521年 - 1557年)。「敬虔王」(Piedoso)と呼ばれる。マヌエル1世カトリック両王アラゴンフェルナンド2世カスティーリャ女王イサベル1世)の三女マリアの息子。父王の死去により19歳で王位を継承する。

1536年、教皇パウルス3世の教書により、ポルトガルの異端審問所を設立した。1537年コインブラ大学を創設する。イグナチオ・デ・ロヨライエズス会という新修道会を創設したことを耳にした王は、ポルトガル植民地内の異教徒へキリスト教を布教する宣教師を派遣してほしいと依頼した。ロヨラが推薦したのが、フランシスコ・ザビエルシモン・ロドリゲスであった。こうしてザビエルはアジアへ赴くことになる。

1557年、心臓麻痺で死去した。王妃カタリナ・デ・アウストリア神聖ローマ皇帝カール5世すなわちスペイン王カルロス1世の妹)との間に9人、庶子2人がいたにもかかわらず、いずれも亡くなっており、五男ジョアン・マヌエルと姪ジョアナ・デ・アウストリアの息子でわずか3歳の孫セバスティアンが王位を継いだ。

先代:
ミゲル・ダ・パス
Príncipe de Portugal
1502年 - 1521年
次代:
ベージャ公ルイス