サンシュ1世 (ポルトガル王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
SanchoI-P.jpg

サンシュ1世Sancho I, 1154年11月11日 - 1211年3月26日)は、ポルトガル王国ブルゴーニュ王朝の第2代国王(在位:1185年 - 1211年)。初代国王アフォンソ1世と最初の王妃マファルダ・デ・サボイアの息子。

1185年、父王の死去により後を継ぐ。サンシュ1世は政治手腕に優れ、父の時代に行なわれたレコンキスタによる勢力拡大でポルトガルの領土が拡張したため、その支配地にポルトガル人やフランドル人を積極的に殖民することを奨励してポルトガルの内政を確立したことから、「殖民王」と称された。

1211年に死去し、王妃ドゥルセ・ベレンゲル・デ・バルセロナとの間の息子アフォンソ2世が王位を継いだ。

子女[編集]

1174年バルセロナ伯ラモン・バランゲー4世アラゴン女王ペトロニーラの長女ドゥルセと結婚、11人の子を儲け、9人が成長した。