ドゥアルテ1世 (ポルトガル王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ドゥアルテ1世

ドゥアルテ1世(Duarte I, 1391年10月31日 - 1438年9月13日)は、ポルトガル(在位:1433年 - 1438年)。ジョアン1世ランカスター公ジョン・オブ・ゴーントの娘フィリパの息子。雄弁王(o Eloquente)と呼ばれる。なお、弟であるエンリケ航海王子を描いたとされる肖像画は、実はドゥアルテ1世を描いたものであるという説が近年出ている[1]。。

1428年にアラゴンフェルナンド1世の娘レオノールと結婚した。2人は9子をもうけたが、成人したのは5人である。

1437年に行われたタンジール遠征で、アラブ軍に弟フェルナンド王子が人質となったが、「セウタ返還がかなえば王子を釈放する」というアラブ側の要請にコルテス(議会)が難を示し、交渉は難航した。王子の救出に有効な措置がとれないことで精神的に追いつめられた王は、当時流行していたペストに罹患して死去した。

脚注[編集]

  1. ^ VHS、『大航海 ヴァスコ・ダ・ガマの道 第1巻ポルトガル ここに地尽き始まる~大航海時代の始まり~』、海工房