レオノール・デ・アラゴン (ポルトガル王妃)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
レオノール・デ・アラゴン

レオノール・デ・アラゴンLeonor de Aragão, 1402年 - 1445年2月19日)は、ポルトガルドゥアルテ1世の王妃。

アラゴンフェルナンド1世と妃レオノール・デ・アルブルケルケの娘として生まれた。

1428年9月、ドゥアルテと結婚した。9子をもうけたが、成人したのは5人である。

1438年にドゥアルテが黒死病で急逝する。生前に夫から摂政就任を依頼されていたレオノールは、幼王アフォンソ5世の摂政就任を宣言する。しかし、彼女が外国人であるためポルトガル国内で人気がなく、王弟コインブラ公ペドロが人望を集めていた。バルセロス伯とリスボン大司教の干渉、長女フィリッパが9歳で夭折、遺児ジョアナの出産など、出来事が相次ぎ、数ヶ月たっても摂政が決まらなかった。

コルテスが招集され、すぐにコインブラ公単独の摂政就任が決定された。これに不服なレオノールはなおもコインブラ公追い落としを画策するが、1440年にカスティーリャへの亡命を強いられた。彼女はトレドで亡くなり、バターリャ修道院に葬られた。