レオノール・デ・アルブルケルケ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
王妃レオノール像

レオノール・デ・アルブルケルケ(Leonor de Alburquerque, 1374年 - 1435年)は、アラゴンフェルナンド1世の王妃。レオノール・ウラッカ・デ・カスティーリャ(Leonor Urraca de Castilla)とも呼ばれる。父はカスティーリャエンリケ2世の弟サンチョ・デ・アルブルケルケ、母はポルトガルペドロ1世の庶子ベアトリス。フェルナンド1世の父であるカスティーリャ王フアン1世の従妹に当たる。

1394年、カスティーリャ王子であったフェルナンドと結婚した。2人の間には5男2女が生まれた。

1412年、フェルナンドのアラゴン王位継承により王妃となった。