サンチョ・デ・アルブルケルケ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

サンチョ・デ・アルブルケルケ(Sancho de Alburquerque, 1342年 - 1375年)は、カスティーリャの王族。アルブルケルケ伯。サンチョ・デ・カスティーリャ(Sancho de Castilla)とも呼ばれた。

カスティーリャ王アルフォンソ11世と愛妾レオノール・デ・グスマンの第9子として、セビリャで生まれた。同母兄にエンリケ2世ファドリケがいる。兄たちとともに、異母兄ペドロ1世に対して反乱を起こした(第一次カスティーリャ継承戦争)。

1373年、ポルトガルペドロ1世と愛妾イネス・デ・カストロの庶子ベアトリスと結婚し、フェルナンド・サンチェス、レオノールアラゴンフェルナンド1世妃)の2子をもうけた。