フェルナンド1世 (アラゴン王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フェルナンド1世

フェルナンド1世カスティーリャ語:Fernando I、アラゴン語:Ferrando I フェランド1世 1380年11月27日 - 1416年4月2日)は、アラゴン王、バレンシア王、バルセロナ伯、およびシチリア王(在位:1412年 - 1416年)。カタルーニャ語名ではフェラン1世(Ferran I)、イタリア語名ではフェルディナンド1世(Ferdinando I)。フェルナンド・デ・アンテケーラ(Fernando de Antequera)と呼ばれたが、これは1410年にグラナダ王国の支配下にあったアンテケーラスペイン語版を征服したことによる。

カスティーリャフアン1世と王妃レオノール(アラゴン王ペドロ4世の娘)の子として、メディーナ・デル・カンポ(現在のバリャドリッド県)で生まれた。

カスティーリャ王位は1390年に兄エンリケ3世が継いだが、1406年に27歳で早世し、2歳足らずの遺児フアン2世が王位につくと、その母后カタリーナとともに摂政を務めた。

母方の伯父にあたるアラゴン王マルティン1世(シチリア王としてはマルティーノ2世)が1410年に嗣子のないまま亡くなると、カスペの妥協によって1412年にアラゴン王に選ばれた。

フェルナンド1世の業績で知られるのは、対立教皇ベネディクトゥス13世の退位を1416年に受け入れ、40年にも及んだ教会大分裂(大シスマ)を終わらせたことである。

即位から4年後の1416年、イグアラーダ(現在のバルセロナ県)にて35歳で死去した。

子女[編集]

1394年、カスティーリャ王族のレオノール・デ・アルブルケルケサンチョ・デ・アルブルケルケの長女で、父の従妹に当たる)と結婚した。2人の間の子は以下の通り。

先代:
マルティン1世
アラゴン王
バルセロナ伯
バレンシア王
マヨルカ王
シチリア王
1412年 - 1416年
次代:
アルフォンソ5世