フアン1世 (アラゴン王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フアン1世

フアン1世西:Juan I, 1350年12月27日 - 1396年5月19日)は、アラゴンバレンシア王、およびバルセロナ伯(在位:1387年 - 1396年)。カタルーニャ語名ではジュアン1世(Joan I)。ペドロ4世と3番目の王妃レオノール・デ・シシリアシチリアピエトロ2世の娘)の間の長男。

2人の妻との間にもうけた男子が全て夭逝したため、王位は弟マルティン1世が継承した。

子女[編集]

最初の妃、アルマニャック伯ジャン1世の娘マルタ(1347年 - 1378年)との間には5人の子女をもうけた。

  • ハイメ(1374年)
  • フアナ(1375年 - 1407年) - 1392年、フォワ伯マチューと結婚
  • フアン(1376年)
  • アルフォンソ(1377年)
  • レオノール(1378年)

2番目の妃、バル公ロベール1世の娘ビオランテ(1365年 - 1431年)との間には7人の子女をもうけた。

  • ハイメ(1382年 - 1388年)
  • ビオランテ(1384年 - 1442年) - 1400年、アンジュー公ルイ2世と結婚
  • フェルナンド(1389年)
  • アントニア(1391年 - 1392年)
  • レオノール(1393年)
  • ペドロ(1394年)
  • フアナ(1396年)
先代:
ペドロ4世
アラゴン王
バルセロナ伯
バレンシア王
マヨルカ王
1387年 - 1396年
次代:
マルティン1世
先代:
創設
ジローナ公
1351年 - 1387年
次代:
ハイメ(フアン1世の長男)