ハイメ2世 (アラゴン王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハイメ2世

ハイメ2世スペイン語:Jaime II, 1267年8月10日 - 1327年11月2日)は、アラゴン王、バレンシア王、およびバルセロナ伯(在位:1291年 - 1327年)。カタルーニャ語名ではジャウマ2世(Jaume II)。はじめはシチリア王で、シチリア王としてはジャコモ1世イタリア語:Giacomo I, 在位:1285年 - 1296年)。公正王(西:el Justo, カ:el Just, 伊:il Giusto)と呼ばれる。アラゴン王ペドロ3世(シチリア王としてはピエトロ1世)とその王妃であったシチリア王マンフレーディの王女コンスタンサの次男。

1285年に父王が死去した際、兄アルフォンソ3世がアラゴン王位を、ハイメがシチリア王位を継承した。6年後の1291年にアルフォンソ3世が独身のまま死去するとアラゴン王位にもついた。その後、シチリア奪還を目指すナポリカルロ2世と争い、1296年に結んだ講和条約でハイメ2世はシチリア王位を放棄した。しかしシチリア人は代わってハイメの弟フェデリーコ2世を王に選んだため、カルロ2世の望みは達成されなかった。

家族[編集]

ハイメ2世は4度結婚している。

  • 最初の王妃はカスティーリャサンチョ4世の王女イサベルであったが、サンチョ4世の死後にハイメ2世は対カスティーリャ政策を同盟から干渉に変更したため、離婚した。
  • 1295年に結婚した2番目の王妃は、対立していたナポリ王カルロ2世の王女ブランカで、間に嫡子アルフォンソやイサベル(ドイツ王フリードリヒ3世(美王)妃)をもうけた。
  • 1315年にはキプロスユーグ3世の王女マリーと結婚したが、子供は生まれなかった。
  • 1322年にはカタルーニャ貴族エリセンダ・デ・モンカダと結婚したが、子供は生まれなかった。

関連項目[編集]

先代:
ピエトロ1世(大王)
シチリア王
1285年 - 1296年
次代:
フェデリーコ2世
先代:
アルフォンソ3世(自由王)
アラゴン王
バルセロナ伯
バレンシア王
1291年 - 1327年
次代:
アルフォンソ4世(慈悲王)