コンラート4世 (神聖ローマ皇帝)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
コンラート4世 (神聖ローマ皇帝)

コンラート4世Konrad IV, 1228年4月25日 - 1254年5月21日)は、ホーエンシュタウフェン朝最後の神聖ローマ皇帝(在位:1250年 - 1254年)。イタリア名はコッラードCorrado)。父はフリードリヒ2世、母はエルサレムジャン・ド・ブリエンヌの娘で女王イザベル2世(ヨランダ)。兄にハインリヒ7世、弟にサルデーニャ王エンツォアンティオキア公フリードリヒ3世とマンフレーディ。妻はバイエルン公ライン宮中伯オットー2世の娘エリーザベト。シチリア王・コッラディーノ(コンラーディン)の父。

コンラート4世には異母兄ハインリヒがいたが、彼は1234年ローマ教皇に煽動されて父王に反逆したため、皇太子を廃されたうえで自殺していた。このため1250年に父が亡くなった後、帝位はコンラート4世が継ぐこととなったのである。しかし、コンラート4世は在位僅か4年で死去。幼い息子のコッラディーノや庶弟のエンツォとマンフレーディ兄弟もローマ教皇と争い、その支持を受けたシャルル・ダンジューによって滅ぼされ、1272年にホーエンシュタウフェン家で唯一、生き残った弟エンツォも嗣子がないままボローニャで獄死した。ホーエンシュタウフェン朝は断絶し、帝国は大空位時代を迎えることになった。

先代:
フリードリヒ2世
ハインリヒ7世
ドイツ王(ローマ王)
1237年 - 1254年
対立王:ハインリヒ・ラスペ
(1246年 - 1247年)
ヴィルヘルム・フォン・ホラント
(1247年 - 1256年)
次代:
ヴィルヘルム・フォン・ホラント
大空位時代
先代:
フェデリーコ2世
シチリア王
1250年 - 1254年
次代:
コッラディーノ
先代:
フェデリーコ2世
イザベル2世
エルサレム国王
1228年 - 1254年
次代:
コッラディーノ